« 2013年4月14日 「エルヴィスの集い」 | トップページ | プレスリーサンド »

2018年4月22日 (日)

久し振りの前田絢子教授の講座

■ 鎌倉セミナール ■

 フェリス女学院大学の生涯学習課が主催する東理夫講師の「食で知るアメリカ」の講座が終了し、フェリス女学院大学での講座は無くなってしまいました。

 とても残念に思っていたわけですが、東理夫講師は鎌倉の生涯学習センターで公開講座を開催するように努力してくださり、私にとっては多少遠距離ではありますが、鎌倉駅からすぐの学習センターで講座を受講できるようになり、三月には参加させていただきました。なかなかユニークな企画でこれからも期待できそうと感じたしだいです。

005 006

■ 4/21(土)の鎌倉セミナール ■

007 008


東理夫講師が4月から12月までに「鎌倉セミナール」なる生涯学習を企画してくださり、色々な講師を招いて幅広い知識の旅にわれわれを連れて行ってくれそうです。

その最初が前田絢子フェリス女学院大学名誉教授。

009 「エルビスの大地」というアメリカでテレビ放映された映像の一部を見せていただき、南部の田舎のテュペロで幼いエルヴィス・プレスリーがどのようにして音楽を身に着けて言ったのかを語り、南部という地域が南北戦争の敗北によってどのようにして崩壊していき、南部独特の差別主義的な世界が何故いまだに消えないのかを解説してくれました。久し振りの前田絢子教授の講座の受講に感激しました。

020 018 019


■ そうだったのか “Hawai”“i” ■
010 今から40年ほど前に新婚旅行で行ったのが「ハワイイ」でした。JALの新婚さんの団体ツアーに便乗してジェット機で7~8時間かけてハワイに到着。そこからは団体とは離れて地元のガイドさんを雇って4泊6日のツアーでした。
それから20年後には会社の年末特別報酬として社員をハワイに連れて行ってくれて、僕ひとり、ハワイを再訪することが出来ました。二度ともエルウ゜ィス・プレスリーにゆかりの地にしか足を向けず、そんな観光だけでしたから今回の講座を受講して知らなかった「ハワイイ」を知らされてビックリ。次回も楽しみな講座になりました。

 


 

|

« 2013年4月14日 「エルヴィスの集い」 | トップページ | プレスリーサンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/66638813

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの前田絢子教授の講座:

« 2013年4月14日 「エルヴィスの集い」 | トップページ | プレスリーサンド »