2015年12月25日 (金)

ELVIS SOUND MAGAZINE

■ ELVIS SOUND MAGAZINEの創刊 ■

No01_001 No01_002

AtsushiさんがELVIS SOUND MAGAZINE を発行したのが2003年8月16日でした。

僕が持っているのはその創刊号ではなく、2009年8月25日発行の復刻版です。
(上記の写真は復刻版です)


続きを読む "ELVIS SOUND MAGAZINE "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

フェリス女学院のオープン・カレッジ

■ 前田絢子名誉教授の講座 ■

002

フェリス女学院のオープン・カレッジは、とてもたくさんの講座があるようです。その中に前田絢子名誉教授がアメリカ文化史を語りながらその中でのエルヴィス・プレスリーのアメリカ合衆国における位置づけを明確にしていくというなかなか日本の音楽業界では語られない部分を私たちに提供してくれるのです。

001
上記が、今まさに僕が受講している講座です。

これは来年の1月13日(水)と1月20日(水)のあと二回の授業で終了します。

003
2月には上記のように、三回の講義があります。


004
そして3月には500円というワンコイン料金で、講義があります。

エルヴィス・ファンの方、ご検討されてみては如何でしょうか?

001_2 002_2
前田絢子名誉教授の出されたもう一冊の本がありました。定価700円です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

前田先生の粋な計らい

■ 受講生の皆さんの発表会が楽しい ■

Pict0001

フェリス女学院大学の前田先生の授業は90分です。

先生の話は、イギリスのピューリタンのアメリカへの移住というアメリカの建国史から始まるので、エルヴィスの話までにはかなりイントロが長く、かなり重苦しいテーマの話(先住民族のインディアンとの戦い、そして黒人の奴隷の強制移住)が続きます。それで受講生の気持ちを和らげる時間も在ったほうが良いのではと考えてくださったようで、受講生の中のエルヴィスファンに「ファンになった経緯や彼への熱い思い等を発表する時間を30分あげますからどなたか発表してみませんか?」と仰ってくださりました。

それで僕が先陣を切って11/18に発表をさせていただいたのでした。

続きを読む "前田先生の粋な計らい"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

前田絢子先生の講座

■ プレスリーとキリスト教・アメリカ南部バイブルベルトが生んだソウルフルな歌の魅力を探る ■

熱狂的なエルヴィス・プレスリー・ファンで有名なTさんの紹介で、フェリス女学院大学の生涯学習を受講する手続きのための資料を請求しました。

僕の知る限りではエルヴィスの著書を2冊出されている前田絢子先生の生涯学習講座です。

期日 10/7,10/14,10/21,10/28,11/11,11/18,11/25,12/2,12/9,12/16,1/13,1/20

時間 13:10~14:40

001  002

エルヴィスに関わる著書は多数出ていますが、前田絢子先生は専攻がアメリカ文学・アメリカ文化ですからその深い観点からのエルヴィスの音楽、時代的背景、アメリカの人種差別の歴史的背景から彼を語っています。先生は1996年にアメリカで行われたミシシッピ大学主催の「エルヴィス・プレスリー国際会議」に招待されています。


続きを読む "前田絢子先生の講座"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

銀座山野楽器店のイベント

Elvis_fair_in_yamano_2015001


■ 偶然のこと ■

 職場の健康診断を終えて、まっすぐ帰宅する気になれず、銀座に向かった。「天竜」の餃子を食べたいと思ったからである。バナナ餃子とよく言われるあのでかい餃子である。

 昼飯時だったので、混雑した店にはいるのは避けようと銀座の山野楽器店に行った。

 エルヴィス生誕80周年記念のイベント開催中だった。

Elvsi_today_001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

新橋の 2BEAT

■ 新橋の2BEAT に行ってきた ■

ELVIS PRESLEYの大ファンとして知られる元宮城県知事だった浅野史郎さんが若い頃通いつめたお店新橋の2BEAT。ずいぶん前から行こう、行こう、行こうと思い続けて幾星霜。なかなか一人では行き辛いなあなどと思いあぐねているうちに月日は流れて早数年。

ようやく仕事を終えてから、昨日夕方新橋に行き、適当に大雑把な地図を頭に描いて探しながら小雨の中を店を探し出した。

続きを読む "新橋の 2BEAT"

| | コメント (2) | トラックバック (0)