« 前田絢子先生の講座 | トップページ | フェリス女学院のオープン・カレッジ »

2015年12月21日 (月)

前田先生の粋な計らい

■ 受講生の皆さんの発表会が楽しい ■

Pict0001

フェリス女学院大学の前田先生の授業は90分です。

先生の話は、イギリスのピューリタンのアメリカへの移住というアメリカの建国史から始まるので、エルヴィスの話までにはかなりイントロが長く、かなり重苦しいテーマの話(先住民族のインディアンとの戦い、そして黒人の奴隷の強制移住)が続きます。それで受講生の気持ちを和らげる時間も在ったほうが良いのではと考えてくださったようで、受講生の中のエルヴィスファンに「ファンになった経緯や彼への熱い思い等を発表する時間を30分あげますからどなたか発表してみませんか?」と仰ってくださりました。

それで僕が先陣を切って11/18に発表をさせていただいたのでした。

■ 11・18(水)の発表会 ■

僕のテーマは「僕がエルヴィスのファンになったきっかけ」でした。

ここでも散々書いてきたように、エルヴィスの17本目の主演映画「フロリダ万才」が僕の今日を作ることになったのでありま~~~す。

それで昔のエルヴィス追悼本、週刊FM別冊「エルヴィス・プレスリー・コレクション」からエルヴィス映画の資料を拝借して20数名の受講生の皆さんに配布する資料を作り、しゃべるための自分用の資料を作成し、さらに30分間をしゃべりだけで時間をもたせるのはとても無理!と悟った僕は、大急ぎでエルヴィスの主演映画31本の予告編をかなり短くカットしてつなげ、DVDを作成したのでありました。

Pict0001_2
上記のパンフレットの写真の右が、週刊FM別冊「エルヴィス・プレスリー・コレクション」からエルヴィス映画のページをコピーして作ったもの。
写真の左が、自分用の資料として「フロリダ万才」の制作秘話とかエピソードをパソコンで書いたものであります。

Pict0003
上記写真が、週刊FM別冊「エルヴィス・プレスリー・コレクション」の中のエルヴィス映画の各映画の写真や映画リスト。

Pict0005
エルヴィスの当時の発表レコードの資料。

Pict0007
上記の写真のDVDが、エルヴィス映画の予告編を繋いだもの、「フロリダ万才」の映画が企画されたそもそもの元になった映画「ボーイハント Where the boys are 」の映像、そしてジェームス・バートンやグレン・D・ハーディンが若かりし頃に出ていたテレビ番組「パティ・デューク・ショー」など、そして「フロリダ万才」の共演女優のシェリー・フェブレイが若かりし頃出ていたテレビ番組「ドナ・リード・ショー」などの映像を焼いたものでありま~~~す。


■ こんな風に… ■

★ エルヴィス・プレスリー主演映画の31本

Snapshot Snapshot0 Snapshot1 Snapshot2 Snapshot3 Snapshot4 Snapshot5

★ 「フロリダ万才」

Snapshot6 Snapshot7 Snapshot8 Snapshot9 Snapshot10 Snapshot11 Snapshot12 Snapshot13 Snapshot14 Snapshot15 Snapshot16 Snapshot17 Snapshot18 Snapshot19

★ 「フロリダ万才」の元になった映画「Where the boys are ボーイハント」

この映画の制作者ジョウ・パステルナークが1960年に制作したビーチ映画「Where the boys are 」には、「さまよう青春」と「キング・クレオール」に共演したドロレス・ハートが出演していた。

Snapshot0_3 Snapshot1_3 Snapshot2_3 Snapshot3_3 Snapshot4_3 Snapshot5_3 Snapshot6_4 Snapshot7_2 Snapshot8_2 Snapshot9_2 Snapshot10_2 Snapshot11_2 Snapshot12_2 Snapshot13_2 Snapshot14_2 Snapshot15_2


★ 懐かしい映像から

1969年のラスベガス・ライブ・ステージにバックバンドの重要なメンバーとして登場したジェームス・バートンの若かりし頃の映像

リック・ネルソンの出演していたテレビ番組でリックのバック・バンドのメンバーでした。

Snapshot_2 Snapshot0_4 Snapshot1_4 Snapshot2_4 Snapshot3_4 Snapshot4_4

Snapshot_3 Snapshot0_5 Snapshot1_5 Snapshot2_5 Snapshot3_5

映画「奇跡の人」で一躍有名女優になったパティ・デュークのテレビ番組「パティ・デューク・ショー」にもジェームス・バートンとピアノ演奏者のグレン・D・ハーディンが出ていたんですねえ。

Snapshot_4 Snapshot0_6 Snapshot1_6 Snapshot2_6 Snapshot3_6 Snapshot4_5 Snapshot5_4 Snapshot6_5

映像の画質があまり良くないので、わかりますかねえ?
ジェームス・バートンはバンドのメンバーの左の端っこにいます。
グレン・D・ハーディンはバンドの右の端っこですね。

 


|

« 前田絢子先生の講座 | トップページ | フェリス女学院のオープン・カレッジ »

コメント

内容濃く充実していたようですね!
何かと色々エルヴィス関連があり宜しいですな。
資料作成と意欲が伝わりました。
個人としてアメリカを好きだとは言いがたいです。
エルヴィスがいたから関心がある程度です。
エルヴィス物も整理しなければならないとは思うのですが。
これがなかなかできません《笑》

投稿: 八 | 2015年12月21日 (月) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/62894786

この記事へのトラックバック一覧です: 前田先生の粋な計らい:

« 前田絢子先生の講座 | トップページ | フェリス女学院のオープン・カレッジ »