« フェリス女学院のオープン・カレッジ | トップページ | ロックカフェ USA★GI »

2015年12月25日 (金)

ELVIS SOUND MAGAZINE

■ ELVIS SOUND MAGAZINEの創刊 ■

No01_001 No01_002

AtsushiさんがELVIS SOUND MAGAZINE を発行したのが2003年8月16日でした。

僕が持っているのはその創刊号ではなく、2009年8月25日発行の復刻版です。
(上記の写真は復刻版です)


■ 1970年代のELVIS PRESLEY ■

最初のELVIS SOUND MAGAZINEは、2003年Summer No.1からスタートして2006年のSummer No.13号で終了しました。

2006_no13_a_2 2006_no13_b

日を置いていつの日にかエルヴィスの1950年代を軸にしたELVIS SOUND MAGAZINEの発行を編集後記で予言して、1970年代のエルヴィスを主流にしたELVIS SOUND MAGAZINEを終了します。


■ 1950年代のELVIS PRESLEY ■

ELVIS SOUND MAGAZINE 50'sが発行されたのは、2008年2月16日です。1年半ほどのブランクから「待ちかねたぞ、武蔵」じゃなかった「待ちかねたぞ、Atsushi」と待ち望んだ50年代のエルヴィスの研究本が発行されたわけです。

2008_no01_a 2008_no01_b → → Elvis_sound_magazine_50s_no14_001 Elvis_sound_magazine_50s_no14_002

ELVIS SOUND MAGAZINE 50's は、2011 Spring No.14 が2011年5月20日に発行されて終了します。この時の編集後記に「●サンマガ60'sまでしばらくの休刊のお知らせ」があり、ELVIS SOUND MAGAZINE 60's の発行までしばし猶予をいただきたいと告知されてます。


■ ELVIS SOUND MAGAZINE 60's  ■
Elvis_sound_magazine_60s_no01_001 Elvis_sound_magazine_60s_no01_002

ELVIS SOUND MAGAZINE 50'sの終了から約一年の時の流れが経過して2012年8月16日にELVIS SOUND MAGAZINE 60'sが発行されました。
このときの編集後記に「サウンドマガジンは、EPE公認のファンクラブ『For Elvis Sound Fans Only』の会報として発行されています」という告示がなされます。

このELVIS SOUND MAGAZINE 60'sは、2015年2月16日発行のELVIS SOUND MAGAZINE 60's 2015 Summer No.10号を以って終了します。

Elvis_sound_magazine_60s_no10_001 Elvis_sound_magazine_60s_no10_002


■ サウンドマガジン別冊 ■

Elvis Presley Complete Works 1966~68年
Elvis_complete_works001 Elvis_complete_works002


 このサウンドマガジン別冊は、2003年のELVIS SOUND MAGAZINE No.1~No.3の合本という位置付けです。2008年12月25日発行。


ROOTS OF ELVIS
デヴィット・ニールというイギリス人?がエルヴィスがカバーした約450曲の元歌を調べてその解説を記したもの。
2008年6月30日第2版発行。

Roots_of_elvis001 Roots_of_elvis002


FTD WORLD 公式海賊盤の世界

Ftd_world_001 Ftd_world_002

エルヴィス・プレスリー FTD WORLD ー公式海賊盤の世界ー
2012年6月1日 第1刷発行
発行所 株式会社アニカ
企画・編集 サウンドマガジン出版局
2000円

FTD WORLD 公式海賊盤の世界 2015年増補版

Ftd_world_2015001 Ftd_world_2015002
エルヴィス・プレスリー FTD WORLD ー公式海賊盤の世界ー 2015年増補版
2015年6月1日 増補版発行
発行所 アートえる
企画・編集 サウンドマガジン出版局
2800円

これはなかなか便利な本でとても重宝しています。Follow That Dream レーベルが発売してきているエルヴィスの別テイク盤のCDや映像本、レコードなどが網羅されていて、どのCDにいつ頃のエルヴィスのライブ音源があるのか、とか色々調べるのにとても役に立っています。

これでAtsushiさんのELVIS SOUND MAGAZINEを通しての活躍ぶりを簡単にお知らせしたわけですが、さてこの後、彼はどこに行くのでしょうか?
何をしようとしているのでしょうか?


|

« フェリス女学院のオープン・カレッジ | トップページ | ロックカフェ USA★GI »

コメント

エルヴィスサウンドマガジンを検索していたらたどり着きました。
Atsushi氏の出したテキサスの旅行誌は知らない情報満載でした。
ファン暦は長いですが、テキサスのことはほとんど知りませんでした。

投稿: | 2016年11月30日 (水) 11時04分

サンマガのツアー、凄過ぎです!
来年からサンマガも再開されるみたいで楽しみです。

投稿: | 2016年12月21日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/62935467

この記事へのトラックバック一覧です: ELVIS SOUND MAGAZINE :

« フェリス女学院のオープン・カレッジ | トップページ | ロックカフェ USA★GI »