2012年1月 3日 (火)

ELVIS SOUND MAGAZINEからのハガキ

■ ELVIS SOUND MAGAZINE からのハガキが届く ■

遅まきながらの話で恐縮です。
サウンド・マガジン出版局のAtsushiさんから昨年に届いていたハガキです。
とても綺麗なクリスマス・カードになっていたので皆さんにもご紹介したく
なりました。

201112001cut1 201112002

「FTD WORLD ~エルヴィス・プレスリー 公式海賊盤の世界」
の出版がとても楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

女性エルヴィス

■ 素敵な女性エルヴィス ■

YouTubeでふっと「エルヴィス・カバー」と言う文字で検索をしました。
世界中のどんな人たちが僕と同じようにエルヴィス・プレスリーをカラオケであったり、
自演であったりして歌っているのだろうと?と知りたくなりました。

ぼくはTerry Mike Jeffreyが大好きなことをここに書きました。
女性にもそんな人がいたんですね。

ELVIS PRESLEYのファンであり、とても歌が上手くてELVISの曲を
こよなく愛している女性がいました。

1_20111206_418 2_20111206_419

Return to Sender (Elvis Presley cover by SayakaAlessandra)

Baby Let's Play House (Elvis Presley Tribute cover by SayakaAlessandra) - YouTube

SayakaAlessandraと言う名前の方らしいです。


Return to Sender (Elvis Presley cover by SayakaAlessandra)


「心の届かぬラブ・レター」以外にも歌っています。

日本にも女性エルヴィスがいます。
キャシー大澤さんです。
かつてEPFCJ(ELVIS PRESLEY FAN CLUB OF JAPAN)の会員でいらした方です。


2011年 ELVIS PRESLEY | | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

第10回ビデオ鑑賞会&ファンの集い

■ 第10章 映画スターになったエルヴィス ■

先日の日曜日、4日はキング・クレオールに行って来ました。

もちろん鈴木一彰氏の主催する「ビデオ鑑賞会&ファンの集い」に参加するためです。
2011124001


続きを読む "第10回ビデオ鑑賞会&ファンの集い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

布施明がとても好きなのですが........これはびっくり

■ 布施明の歌うカンツォーネが好きです ■

伊東ゆかりや、布施明は若い頃カンツォーネをよく歌っていました。
当時はイタリアの曲が日本でもヒットをしていて、サンレモ音楽祭の
入賞曲が必ず日本でもヒットしたものです。
そういう曲を伊東ゆかり、布施明が素晴らしい歌唱で聞かせてくれ
ていました。
今でも伊東ゆかりは素敵な曲を発表しています。
001 002


そんな思いでの曲を探していたら、びっくりするものが出てきました。


続きを読む "布施明がとても好きなのですが........これはびっくり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

You Tubeからの警告文???

■ 昨日届いたYou Tubeからの警告文 ■

昨晩帰宅後メールを読みに行ったら下記の文章が送信されてきました。
「アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー」をアップしてからです。


-----------------------------------------------------------------------

あなたの動画「練習曲「アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー」take3.wmv」に、UMPG Publishing さんが
所有またはライセンスを所持しているコンテンツが含まれている可能性があります。

あなたが何らかの措置を講ずる必要はありませんが、自分の動画に与える影響について
ご興味がある場合は、アカウントの [動画 ID の一致] セクションをご覧ください。

Sincerely,
- YouTube チーム


--------------------------------------------------------------------

これはカラオケに著作権があるからなのでしょうかね?

僕の認識不足でカラオケは公開してもいいと思ったのが間違いなのかな?

この辺の著作権について詳しくわかっていません。

調べなきゃ。

削除することになるかも。

誰か詳しい方が入れは助けてください。


m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

ミュージック・プリズムの収録風景

■ NHKテレビ番組「ミュージック・プリズム」 ■

僕の記憶違いだったようで、1978年の放送らしいです。
「ミュージック・プリズム」の「リメンバー・プレスリー」の特集。

Snapshot01  Snapshot04
各人が好きなエルヴィスのアルバムを持ち寄って並んだシーン。


Snapshot05  Snapshot07   Snapshot09
これが一文字でEPと書いたもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

遊びに行きました。

■ とても楽しく過ごしました。そして貴重な映像が........ ■

あまりの衝撃的な映像を見せていただき、大感激!!!!!

もし、あの映像が残っていたらなあ、とずっと思っていた映像が遊びにお邪魔した

御邸宅で発見。

EPFCJのみんなが若い、若い、若い。

NHKのエルヴィス追悼番組(15分だったと思う)「ミュージック・プリズム」です。

たぶん放映は1977年の8月か9月でしょう。

左から①M会長です。
②EPFCJの会員の女の子。
③当時、よくステージに上がっていた某会社役員のEPFCJ会員の方です。
 バックでELVISの垂れ幕を持っている左右の女の子たちもEPFCJ会員の方たちです。
④写真の三人は左からM会長、伊藤聖使君、右が僕です。
⑤伊藤聖使君のどアップです。


Snapshot001

Snapshot002

Snapshot006

Snapshot009

Snapshot008


すっかりこんな映像であったことは忘れていました。
15分の放映番組なのにNHKのスタジオに入って、朝から夕方までずっと缶詰状態で
もうみんなヘトヘト状態だったのを覚えています。

今見ても、NHKの意図する番組の主旨がはっきりとはわからない番組でしたね。

でも、とにかくこの映像がこの世に存在していてくれたことがうれしくて、うれしくて、
お邪魔したお宅で大興奮状態で過ごしました。

この後カラオケに行ってみんなで歌を歌って帰宅したのですが、まったくどうやって
帰ったのか記憶がありません。

ELVINさん、どうも貴重な映像をお貸しくださりありがとうございました。

これからはELVINさんの方角に足を向けて寝ないようにします。

もっともどっちの方角だったか、定かではないのですが................。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

今年もあと2ヶ月とちょっとです。

■ あっという間に10月の後半ですね ■

さて今年もELVISのイベントや、演奏会や、催し物があっていろいろ楽しんできました。

ふっと気がついたのですが、来年の「復活祭」は予定が無いのですかね?

Img001s Img004

レコード・アルバムのElvis That's the Way It Isのお飾り物
(販促物として当時レコードお買い上げのお客様にくれたものだったと記憶しています)
左がビニールに入った状態で金のレコードを立てかけられるようになっています。
右がビニールから出して撮影したもの。


Img002sImg006
アルバム Moody Blue の販促物


Img003sImg005

アルバム Elvis Golden Records の販促物

続きを読む "今年もあと2ヶ月とちょっとです。"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

元バンド・メンバーと再会

■ EPFCJの元バンドのメンバーと再会 ■

Epfcj_no_1240082
EPFCJ会報 No.124の19ページから転載

Epfcj_no_124003
EPFCJの会報 No.124


mixiの日記に半年振りに書いたものがあります。
僕の書いたものにコメントはつかないのがだいたい通常ですので、
そのつもりで何気に書きました。
しかし、会った方の娘さんがmixiの会員であることは念頭にありました。
その方にお父さんに会ってきたようううううと言う気持ちで書いたものです。

EPFCJの会員で作ったエルヴィス・バンドが昔ありました。
そのバンド・リーダーの計らいで懐かしい人と会うことができました。
最初のバンドからはメンバーが変更していて、初代のリード・ギターは
今回は都合がつかず、会ったのは2代目のリード・ギタリストです。
30年ぶりの再会でした。

Epfcj19781216_013 
一番右から一番目がベース・ギタリスト。二番目のギタリストがリード・ギタリストです。
左がリズム・ギタリスト&ボーカルのバンド・リーダー。
Epfcj19781216_021
写真の左端がベース・ギターで、二番目がリード・ギタリスト。


続きを読む "元バンド・メンバーと再会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

NHKラジオ 第1放送 いとしのオールディーズ

■ 西郷輝彦氏のゲスト出演のラジオ放送を聞いた ■

10月14日(金)。

帰宅して暗い部屋の明かりを灯し、しんとした空気に包まれた空間に
少しでも人の気配を取り入れたくてCDラジオカセットコーダーの電源
スイッチを入れた。

ラジオのスイッチを選択して聞いた。夜の8時少し前だった。

しばらくの間男性の声でニュースが流れ、「誰かが誰かを愛してる」
Everybody Loves Somebody Sometimes
と言う僕の大好きなディーン・マーチンのヒット曲のインストルメンタルが
流れた。

大好きな曲なので思わず耳がラジオに向いた。

次に女性アナウンサーの優しい声で『「いとしのオールディーズ」をお送り
しましょう。本日のゲストは西郷輝彦さんです』と言った。

西郷輝彦と女性アナウンサーの語りが始まり、
どんな少年時代をすごしてきたのかとか、
歌手になったきっかけなどを語り始めた。

西郷輝彦の最初の思い出のオールディーズは、
「ブルース・マーチ」と言う初めて聞く曲だった。

二人の語りと西郷輝彦の思い出のオールディーズが
交互に繰り返された。

続きを読む "NHKラジオ 第1放送 いとしのオールディーズ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)