キャンプ歴−1994年(平成6年)

■1994年(平成6年)のキャンプ歴 ■

 キャンプの経験は、高校時代の夏休みを利用した支笏湖でのキ
ャンプが最初だった。今から40年近くも昔の話である。
 ああ、年を取ったものだ。
 あと何年生きられるのだろうか。
 違う、違う、話が逸れた。

 1993年のキャンプ初年に引き続き、ますますファミリー・キャンプ
へと、のめりこんで行く私でありました。

 とくに、NIFTY−ServeのFCAMPフォーラムへの参加は、初め
てで、色々勉強になった。
 僕は43歳、妻は42歳、長男は14歳、次男は9歳の誕生日を
迎える年だった。
  

続きを読む "キャンプ歴−1994年(平成6年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1994年9月 本栖湖キャンプ場 OMFC

■本栖湖キャンプ場 1994/09/10・11

 オートキャンプがブームだった頃、山と渓谷社から、
「Outdoor」という月刊誌が発行されていました。
大好きなアウトドア雑誌でしたが、時代の流れと共に消えましたね。
残念です。
ソニー・マガジンズの「フィールド&ストリーム」誌とか、ベネッセコーポ
レーションの「Goody」とか、色々アウトドア誌の華やかなりし時代が
ありました。

 その雑誌が主催するオートキャンプ大会に参加したときの写真です。
カヌー教室やら、ストーン・ペイントだったかな?とか、色々な教室も実
施されていました。
次男とカヌー教室に参加して、初めてにしてはなかなか良いコンビネー
ションでパドルを操り、カナディアン・カヌーを漕ぎました。
それからカヤックに乗ることが夢でしたが、いまだ実現せず、です。

カナダに行って、カヌー・ツーリングしたーーい。

940911_05.JPG

940911_03.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1994年7月 中津川オートキャンプ場

940702_06.jpg

940703_01.jpg

■中津川村オートキャンプ場 1994/07/02・03/ ■

オートキャンプを始めて2年目の年です。
埼玉県の大滝村を流れる中津川は以前川原で遊んだことくらいはあ
りましたが、キャンプをしたことはまだありませんでした。
ダムが作られる寸前の中津川は、とても綺麗な川で、その澄んだ流
れを発見して僕は狂喜乱舞し、この川のどこかできっとキャンプをし
よう、と固く誓ったものです。

でも、かなり山奥にあって、深い渓谷を流れる川でしたので、まだキ
ャンプ経験の浅い僕たちには人気の無い山の斜面に辛うじて作られ
た車一台分の車幅しかない道をはらはらドキドキしながら、上流に
向かうことがとても怖かったのを覚えています。

山道を対向車が来ると、すれ違うのが精一杯で、左の助手席に座っ
ていた妻からは崖下の深い渓谷が見えるため、「キャーキャー」悲鳴
を上げて僕に訴えました。
「おとーーうさーーん、こわーーいーーよう」

「もう、これ以上、上に行きたくないよーーうーー」

今でこそ、ダム工事のために作られた立派な道路が出来ています
が、当時は「対向車がどうか来ませんように.........」と祈るような気
持ちで運転したものでした。


続きを読む "1994年7月 中津川オートキャンプ場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)