« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

駒出池キャンプ場へ移動

■8月28日 日曜日■ 

 ミヤシタヒルズACを去り、山梨県の道志の森キャンプ場を目指し
て出発。
 川の流れが見たかった。川のざわめきを聞きたいと思った。無性
に川が恋しかった。それ行け、道志川!

 楽しかったね、面白かったね、素敵だったね、などと会話も弾み、
ハンドルを握る手も軽い....。が、道志の森に行こうといってみ
たものの、地図を見てここから道志川に行くのはかなりの距離だ。
なんだか、億劫になってきた。川は、次回でいいか。

 そんな気配を察して妻も「近くでもいいよ」と言ってくれた。
 急遽、行き先を八千穂高原駒出池キャンプ場に変更。

続きを読む "駒出池キャンプ場へ移動"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       最終日

■8月28日 日曜日■

 夜中に三度もオシッコで起きてしまった。ビールの飲みすぎであ
る。
 隣で妻は、ぐっすりと寝ている。
 あまりに静かに、深く潜行するように寝ているので死んでいるの
ではと、心配になったほどだ。
 でも、脳内出血の後遺症の半身の痺れと痛みを忘れて寝ていら
れるのは彼女の大事な時間だ。
 熟睡している姿を見て一安心。
 

続きを読む "ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       最終日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       二日目−2

■8月27日土曜日の午後■

 シャワーを浴びて肌の感触が実に気持ち良い。
心も身体も軽くなった。

 テントサイトに戻り、暇をもてあました。アンデス音楽コンサートは
夜の7時から開演である。

 さて、どうしようかなあ。けんちさんたちは出かけてるしなあ。


続きを読む "ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       二日目−2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       二日目−1

■8月27日 土曜日■

 二日目は、いよいよ「アンデス音楽コンサート」がある。けんちさん
との酒盛りと、これを聞きに来たのである。たまにはいつもと違うキ
ャンプをしてみたいというのが、今回の主旨である。

続きを読む "ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場       二日目−1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場 初日

■8月26日・27日・28日 二泊三日■

 今年の夏休みは何処に行こうかと考えていたときに、キャンプ仲
間のけんちさんから、南米音楽のライブ・ショーを毎年開催している
キャンプ場の存在を聞かされた。

 その話を聞いて、「うん、そこだ。そこに決めた」と腹の中で思っ
た。けんちさんは今年も行くような素振りであったが、自分も行くと
は言わなかった。妻の都合もあるし、それよりもけんちさんを驚か
せたいという気持ちが強くあった。

 それぇぇぇ、出発。

続きを読む "ミヤシタヒルズ・オートキャンプ場 初日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1998年(平成10年)

■キャンプ歴6年目−1998年(平成10年)のキャンプ記録■
 NIFTY−ServeのFCAMPフォーラムが実施した最後の全国オフがありました。これを契機にキャンプフォーラムの衰退が始まり、キャンプ・ブームも下火になっていったのかな。

 オートキャンプの転換期だったかもしれません。

続きを読む "キャンプ歴−1998年(平成10年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1997年(平成9年)

■キャンプ歴5年目−1997年■
 通年キャンプは当たり前。
 むしろ秋から冬にかけてのキャンプの方が、キャンプサイトを独占
できる満足感。
 いやああ、冬キャンプは楽しい。
 

続きを読む "キャンプ歴−1997年(平成9年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1996年(平成8年)

■キャンプ歴4年目−1996年■
 前年同様、月2回キャンプ出動のペースを堅持。
 キャンプ道具にものめり込んで行く。
 世間も、この数年オートキャンプのブームのピークで、
アウトドアのショップ、コーナー、関連の雑誌、テレビ
番組、書籍などが氾濫。
 特にオートキャンプ場の新設ラッシュが各地で続いた。
 
 この年、個人的に障害が発生して、大変な年になって
しまった。


続きを読む "キャンプ歴−1996年(平成8年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1995年(平成7年)

■キャンプ歴、3年目 1995年■

 NIFTY−ServeのFCAMPフォーラムのメンバーの方たちとの交
際が増え、オートキャンプにのめり込んでいく時代です。

 初年度は5月から12月。
 次年度は3月から12月まで。
 そして3年目は、1月から12月までの通年のキャンプを実行とな
っていきます。

 月二回のキャンプ出動ペースでしたね。

 この年は、誕生日を迎えると僕が45歳、妻が44歳、長男が16
歳、次男が11歳になる。

続きを読む "キャンプ歴−1995年(平成7年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1994年(平成6年)

■1994年(平成6年)のキャンプ歴 ■

 キャンプの経験は、高校時代の夏休みを利用した支笏湖でのキ
ャンプが最初だった。今から40年近くも昔の話である。
 ああ、年を取ったものだ。
 あと何年生きられるのだろうか。
 違う、違う、話が逸れた。

 1993年のキャンプ初年に引き続き、ますますファミリー・キャンプ
へと、のめりこんで行く私でありました。

 とくに、NIFTY−ServeのFCAMPフォーラムへの参加は、初め
てで、色々勉強になった。
 僕は43歳、妻は42歳、長男は14歳、次男は9歳の誕生日を
迎える年だった。
  

続きを読む "キャンプ歴−1994年(平成6年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ歴−1993年(平成5年)

■再掲載 1993年■
 一度キャンプ初年度の記録をアップしていますが、もう一度コメン
トをつけてここに記録しておきます。

 

続きを読む "キャンプ歴−1993年(平成5年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原のドライブ

■8月2日火曜日のドライブ■
 もう少し早く家を出ればよかったと後悔しながらハンドルを握る。
天気の方も晴れてはいるが、ぱっとした快晴ではない。遠くの空
には雲が出ている。
 巾着田、到着。
_001
                                                                   
                                                                   
                                          
 このところの雨で、高麗川の水量が増え、川床も綺麗になり、水
温もひんやりとして、遊ぶのに申し分のない川が迎えてくれた。
 ただし、写真には写っていないが団体さんがすでにどかどかと占
拠していて賑やかだった。
 セルフタイマーで、水遊びの写真を撮って早々に退散。

_017
                                                                   
                                                                   

続きを読む "高原のドライブ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディレクターチェアの修理

■ディレクターチェアの焼け跡の修復■
 随分前のキャンプのとき、妻のディレクター・チェアが強風に倒さ
れました。
 不幸なことに、倒れた場所は焚き火の上。
 背もたれの部分が焚き火の火であっという間にどろどろと溶けて
しまった。
 そのまま使っていたのですが、先日スポーツオーソリティーに行
ったときに「そういえば、私のディレクター・チェアの背もたれの部分
の焼けた跡は、直せないかしら?」と突然思い出したように仰られ
ましたので、「まあ、リペア生地を張れば多少は見栄えが良くなる
かもね」とお答えしまして、お店に偶然にもコールマンのテント用の
リペア生地が売っていましたので、買いました。
_003
コールマン純正リペアキット ¥735

続きを読む "ディレクターチェアの修理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中歩行靴

 先日、人生の伴侶と新しく出来たばかりのスポーツオーソリティー
に行きました。
 買ってきたのがこれ。
_012
                                                                   
                                                                   
                                                                   
 スポーツオーソリティーのオリジナル商品のようです。足の裏がゴ
ム底で、滑り止めになっています。苔むした岩の上を歩いても滑って
ひっくり返り難いようにしてある奴ですね。

 2005年8月2日(火)巾着田の川原にて撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »