最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« お花見 第2弾 | トップページ | 高校のクラス会 »

2016.04.11

お花見 第3弾

■ お花見の第3弾は、埼玉県幸手の権現堂堤の桜 ■

今年は彼女とまだ少し早めの上野公園でのお花見に始まり、満開の隅田公園でのお花見、そしてそれはそれは見事な桜吹雪で歓迎してくれた幸手の権現堂堤の桜で締めのお花見となりました。

T_024 T_022

幸手の駅前から臨時バスで比較的直ぐの所にある土手沿いの桜と菜の花。桜と菜の花の満開と言う光景は記憶にありません。


T_006 T_011


 T_013 T_014  T_015 T_054

■ それぞれにお花見を楽しむ人たち ■

さて、私(彼女のこと)の手作りのスクランブルエッグに独自の味付けのソーセージ、そして飲むぞうと意気込む彼女。
隣のご夫婦は寝袋に包まり、ずっと寝続けていた。

T_038 T_048

右隣の女性たちはずっと彼氏のこととか、あれやこれやとしゃべり続けていた。

T_055


かと思えば、隣の隣の隣の団体さんたちの前では宴会芸が始まっていた。
なかなか手の込んだ衣装を着て、カツラを被り、大衆演劇の旅役者のごときに手振り、身振り、台詞をはいていた。

T_040 T_041 T_042 T_043


彼はてっきりこの団体さんの一員で、彼たちに演劇を見せているものと思って見ていたのだが、実は違っていてこの方カセットデッキを片手に持ち、氷川きよしの演歌をカラオケで歌ったものをカセットテープに吹き込んでそれにあわせて踊っている何処かのおじさんだったのだ。
この団体さんの前で演技を終えると、深々とお辞儀して舞台の渡り廊下を見得を切って渡るような仕草をし、お花見に来ている人たちの前を通ってはお辞儀をしていったのである。その顔つきからはありありとさあさあ私の演技を見てくださる御奇特な御仁はいらっしゃらぬか、との思いが満々と満ち溢れているのが見て取れた。
だから、みんな、おじさんがそばを通ると目を背けたのである。

« お花見 第2弾 | トップページ | 高校のクラス会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/63470593

この記事へのトラックバック一覧です: お花見 第3弾:

« お花見 第2弾 | トップページ | 高校のクラス会 »