最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 舞浜のディズニーランド | トップページ | お花見 »

2015.12.18

ムツゴロウの絵本 1と3が出てきた。

■ ムツゴロウの絵本 ■

001 001_2

いやあ、きちんとした正月を迎えるためにずいぶん前から母親から言われていた本棚の整理をする決心をした。これがなかなかの大仕事なのだった。とにかく色々な本があちこちに散らばっており、文庫本、単行本、新書、カバーが掛けたままの本、など埃をかぶったままだった。綿埃りが本全体にこびり付いていて、かび臭くなっており、ページが日焼けして文庫本などは文字が読みにくくなりつつあるものもあった。

「ムツゴロウの絵本 1」「ムツゴロウの絵本 3」の2冊が出てきた。おそらく昭和46年(1971年)頃の話をまとめた本ではないかと思う。北海道の無人島に家族で移り住む決心をして動物との共存生活がたくさんの写真と文章で綴られている。すばらしい本だ。とてもこれを捨てるわけにはいかない。埃を払いながら、ついつい写真を眺め、文章を拾い読みした。これはすばらしい。「ムツゴロウの絵本 2」が無いのが残念だ。買おうと思って探したけど、たぶん当時は見つけられなかったのだろうなあ。

■ 本棚の整理 ■

003 003_2 001_3


文庫本は上の3冊が見つかった。
記憶によると、畑 正憲さんの本を初めて読んだのは「天然記念物の動物たち」だと思う。とても読みやすく、どんどん読み進んでいった記憶があり、すぐに「われら動物みな兄弟」を買ったはずだ。

« 舞浜のディズニーランド | トップページ | お花見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/62892910

この記事へのトラックバック一覧です: ムツゴロウの絵本 1と3が出てきた。:

« 舞浜のディズニーランド | トップページ | お花見 »