最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« ブラジル化計画 吉祥寺 Strings ライブ | トップページ | 連休三日目の散策 »

2013.10.14

僕の還る川(文庫本) 野田知佑

■ 野田知佑の文庫本 到着 ■

野田知佑の文庫本のうち新潮社発行のものは一通り揃えたはずだった。

でも、並べて調べて見たら、「僕の還る川」と「僕の還る川part2」が足りない。

で、注文したわけ。

713001


これは小学館発行のアウトドア雑誌 BE-PALに野田知佑が連載しているエッセイを2000年に単行本化したものを文庫化したもの。

この頃からカヌー犬ガクが老齢化して、子供のテツやタロウが登場してくる。

日本の一級河川の川下りに絶望し、次第に出来るだけ流れの美しい小さな川やカナダ、アラスカの川の記述が増えている。


« ブラジル化計画 吉祥寺 Strings ライブ | トップページ | 連休三日目の散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/58386534

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の還る川(文庫本) 野田知佑:

« ブラジル化計画 吉祥寺 Strings ライブ | トップページ | 連休三日目の散策 »