最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« Karen 丸の内ブリックスクエア コンサート | トップページ | 僕の還る川(文庫本) 野田知佑 »

2013.09.15

ブラジル化計画 吉祥寺 Strings ライブ

■ Karenさんライブ 9/14(土) ■

夜9時からスタートのKarenさんのライブを目指して、吉祥寺へ。

予定より早く吉祥寺駅に到着し、少し時間つぶしにステーション・ビル「アトレ」に入る。

本屋で立ち読み。

東急吉祥寺店を目標に歩く。

午後8時40分頃、Strings に到着。

まだ、川満直哉さんのバンドが演奏中で、店内はお客さんで一杯らしい。

覗き窓には女性の背中が見えた。

午後9時少し前に終了。

いよいよ入れるかな?

店長?オーナーらしき方がドアを開けて僕をステージの一番前に位置するカウンター席に案内してくれた。

このとき店内から女性が出てきて、それを追いかけるようにKarenさんも出てきた。

「すごい盛況ですね」と僕は彼女に声をかけたが、いつものKarenさんと違う表情に見えて、にっこりともしないどちらかと言えば厳しい表情で答えてくれた。

この理由はステージが始まると彼女の口から明らかにされたけどね。

P9142997 P9142998

川満直哉さんのバンドのメンバーがステージから降りて、Karenさんがギターの調弦やら、マイク・テストやらと余裕のない表情で始める。

「大遅刻してきまして、まったく打ち合わせをしていません。私が今日何の曲を演奏するのか誰も知らないので適当にかなりラフな感じで行きたいと思います」と言うKarenさんの挨拶でスタート。

しかし、始めの「Fotografia フォトグラフィア」こそソロで歌い、緊張したかのような硬い表情で歌い出したかに見えたが、このラフな進行がとても熱い演奏に次第になって行き、とても熱狂的なステージを見せてくれた。

万歳!

クラリネット   熊倉未佐子
フルート     川満直哉
ピアノ      田中さとこ
パーカッション 服部正美
ギター      露木達也
七弦ギター   山崎岳一

すごい豪華メンバーが入れ替わり、立ち代り、ステージに立ち、Karenさんは「業務連絡」を連発してその場で楽譜を渡し、曲目の打ち合わせをしていくというすごいことになった。また、メンバーは心得たものでそんな苦行?荒行?もなんのその、淡々と曲目をこなして行くのであった。

あら、あら、すごい、すごい。

P9143000 P9143002 P9143006 P9143011 P9143012 P9142999

« Karen 丸の内ブリックスクエア コンサート | トップページ | 僕の還る川(文庫本) 野田知佑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/58195213

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル化計画 吉祥寺 Strings ライブ:

« Karen 丸の内ブリックスクエア コンサート | トップページ | 僕の還る川(文庫本) 野田知佑 »