最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 東京大衆歌謡楽団 | トップページ | 唱歌・抒情歌 ふるさと »

2013.07.07

映画 「コン・ティキ号 探検記」

■ 観てきました「コン・ティキ号探検記」 ■

001 002

この原本をちくま文庫でずっと以前に読んでとても感動した所為か、期待度が大きすぎたのでしょうか?あれも、これも描いて欲しかったとの欲張りな気持ちから物足りなさを感じてエンディング・タイトル・ロールを観ていました。

映像としてはなかなか素晴らしい映像になっていましたが、筏で大洋を海流に任せて漂うに近い航海の間に色々な生物との出会いがもっと描かれても良かったのではないか?乗組員たちの生活状況(食事・就寝・規則などなど)がもっと描かれても良かったのではないか?

映画ではトール・ヘイエルダールのキャプテンとしての指揮振りを強調していましたが、「コン・ティキ号探検記」のヘイエルダールの文章はとてもユーモラスで笑いがありました。その辺の雰囲気が欲しかったとか、なんかこんなもんじゃない筈だという欲求不満が残った映画でした。

« 東京大衆歌謡楽団 | トップページ | 唱歌・抒情歌 ふるさと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/57741379

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「コン・ティキ号 探検記」:

« 東京大衆歌謡楽団 | トップページ | 唱歌・抒情歌 ふるさと »