最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« mont・bell に行ってきました。 | トップページ | 第二回 野田知佑の川遊び教室 第一日 »

2010.06.03

野田知佑の川遊び教室 第2回

■ ハーモニカ・ライブ11 ■

初めての重いチャチャバックを背負って駅まで歩いた。

なかなかこれは腰に来るなあ。

とにかく上野駅に行き、スーパーひたち7号に乗って茨城県に向かった。

水戸駅に着くと慌しく3両連結の電車に駆け足で乗って、

無人の駅をいくつもいくつも過ぎた。

3両連結の後部にいる車掌さんが到着駅のたびにホームに

降りていって降車する乗客の切符を回収する。

ようやくのことで見えてきた電車からの久慈川の流れ。

P5290001P5290002


天気は生憎の曇り空。

目的の駅「上小川(かみおがわ)駅」ももちろん無人だった。

駅というよりは山小屋に近いような容姿の建物だった。

改札らしいものがない不思議な駅である。

P5290006P5290008

その駅を出ると「野田知佑の川遊び教室」のパンフレットを持った

スタッフの人らしい若い男性が『「野田知佑の川遊び教室」に来られた

方たちはこちらにご集合ください。会場までご案内します。』と叫んで

いた。

後で知ることになるのだが、この人が始めてスタッフとして参加する僕

の面倒を見てくださる関係者の一人となるのだった。

僕はその人の後ろに付いて他の参加者たちと一緒に歩いた。

« mont・bell に行ってきました。 | トップページ | 第二回 野田知佑の川遊び教室 第一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/48529991

この記事へのトラックバック一覧です: 野田知佑の川遊び教室 第2回:

« mont・bell に行ってきました。 | トップページ | 第二回 野田知佑の川遊び教室 第一日 »