最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 温泉旅行 2009年01月18日-20日 二日目 | トップページ | 久しぶりの007 »

2009.02.12

蕨の鰻屋

■ 久しぶりのうなぎ ■

妻が勤め先を辞め、その退職手続きに付き合った。気さくな職場の人たちに妻がお世話になったお礼を述べ、近くにいつも美味しそうな匂いのするウナギ屋があると言うので、そこを探した。

午後2時を少し過ぎた頃に行くと、すでに店は閉まっていた。あきらめきれない妻は、「準備中」の看板のぶら下がった店の戸を開けて中に入っていった。「すみません。次は何時からやるんですか?」と聞いた。昼の営業が終わって、1時間くらいでまた店を開けるようだったら時間をつぶしてまた来ようというつもりだったらしい。

にこりと微笑んで店を出てきた妻は「店を開けてくれるって...」と言った。
今さっき店を閉めたばかりで、ご好意で店を開けてくれたのだ。
古い店構えで「創業200年」の看板が見えた。
店の名前は「今井」。

店の中は広くはなく、ウナギの煙が沁み込んだような薄黒い色の壁板。
その壁板には新聞の切抜きが貼ってあり、ここのお店が紹介された記事だった。
関取の写真もあった。
ここのお店の人は相当の相撲好きらしい。
貼ってある記事の中にこの店の贔屓客にお相撲さんも多いと書いてあった。

メニューを見ると、なかなか値段も高額である。
うな丼の大と普通盛りを頼んだ。
確かに旨い。やわらかいウナギの肉にタレが絡んで口の中でとろける。食べ応えもあった。
肝吸いもさっぱりと美味しい。

値段は良い値段だが、それだけの事はあった。


« 温泉旅行 2009年01月18日-20日 二日目 | トップページ | 久しぶりの007 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/44034229

この記事へのトラックバック一覧です: 蕨の鰻屋:

« 温泉旅行 2009年01月18日-20日 二日目 | トップページ | 久しぶりの007 »