最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 奥さんの誕生日 | トップページ | 久しぶりの風邪引き »

2008.12.13

河口湖の温泉旅館 2

■ 湖山亭 うぶや ■

 いいお風呂でした。大浴場から真正面に女富士と呼ばれる姿を眺めることが出来ました。

 仲居さんやスタッフも若い人が多く、とても親切で、行き届いた仕事ぶりでした。

 どうもありがとうございました。

078070 左が受付。

 右が中庭にある茶室です。

                                                                     

■ 河口湖 オルゴールの森 ■
 旅館の若い仲居さん(男性)のお勧めで、「オルゴールの森」を見に行くことにしました。
 チェック・アウトを済ませて、旅館のマイクロ・バスでそこまで送っていただきました。

086「カリヨンの広場」から見る「時を告げるカリヨン」
有楽町のマリオンビルからも同じようなからくり人形が出てきますが、ここも時間になると指揮者のお人形が出てきて目の前のいくつもの噴水がそれに従って吹き上がります。

団体客が沢山来ていてものすごい混雑振りでしたが、見るところが沢山あるので楽しかったです。中世のヨーロッパ風の館が建って、海外旅行に行ったみたいな気分になれましたね。
それから僕の大好きなオルゴールの巨大なやつ、ええっと、なんて言ったかなああ、あの、円盤のでかいやつを回して大きな音で奏でるやつ。何とかかんとかフォンと言う名前が付いていたと思うのですが、昔デパートでその展示会があったときにその音を聞いて感動したことがあります。
大型ディスクをぐるぐる回して鳴らすミュージック・ボックスですね。
何百万円もするんです。とても買えませんが、宝くじが当たったら、それを置けるような広い家に引越しして、それを毎日一回は聞きたいですね。

 お昼を過ぎたので、邸内にある高級レストラン「ル・リバージュ」と言うところに入り、昼飯でもと考えましたが、なかなかのお値段なのでビビッて仕舞い、それでもちょっぴり奮発してフルーツ・ティーを三人分頼みました。

099レストランの窓から見た景色。
                                                                   
■ 猿まわし劇場 ■

 僕がどうしても見てみたいと思っていた場所に最後に行きました。
 「猿まわし劇場」です。「オルゴールの森」から歩いていける距離でした。
 これが入ってびっくり。
 103100107
収容定員655名の広い広い館内にお客が、我が家の3人と、若いカップルのたった五人だけ。
広い館内で、五人だけだと気分も引いてしまいました。これりゃあ、失敗だったかなあ。
上演する前に若い女性の売り子さんがやって来て、にこにこしながら飲み物や、お菓子などを勧めます。でも、誰も買いません。さらに、ニコニコしながら「良いですか、何か、御用はありませんか?」と聞き返します。あまりにそれが哀れで、同情的でもあり、缶ビールがあれば買うよと言うと、即「あります、あります、お待ちください」と言うなり、携帯電話をかけて売店の店員さんに缶ビールを持ってくるように連絡しました。
後から考えると、少しでも売り上げを上げたいと必死だったようです。

 午後1時ちょうどに開演しました。

 真っ赤なお顔のお猿さんと、それを引き連れて出てきた若いお兄さん。
 ニコニコして、「いやああ、ようこそ、いらっしゃいました。この広い館内に5人もお客さんがいらっしゃる。うれしいじゃあ、ありませんか。だってねえ、午前11時の部は、この館内にお客さん一人だけだったんですから.....」と笑いを取る。

 でも、お兄さんの話術も猿(勇次といったかな)の芸も面白かったし、その後出てくる若いお姉さんの引き連れた小猿(常次と言ったと思います)さんの演技もなかなかのものでした。きっと土曜日、日曜日はお客さんが入るのでしょうけど、われわれが言ったのは12月2日の火曜日でしたからね。平日は客足が厳しいのかな、なんて考えさせられました。
 是非、河口湖の「猿まわし劇場」見に行ってあげてください。お猿さんのなかなかの名演技でした。

 


« 奥さんの誕生日 | トップページ | 久しぶりの風邪引き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/43403199

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖の温泉旅館 2:

« 奥さんの誕生日 | トップページ | 久しぶりの風邪引き »