最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 餅つき | トップページ | Hey !Hey !Hey ! »

2006.11.13

お餅の食べ方

■お持ちの食べ方■
 「お餅はどうやって食べてた?」
 「そうねえ、僕のところは搗き立ての熱々のお餅を手で引き千切って、辛子
と醤油を入れて掻き混ぜた納豆が入ったお椀の中に熱い御餅を入れてね、
納豆をお餅で掬い取るようにして口の中に放り込むの。いわゆる納豆餅って
言うやつね。これが美味いんだあ。熱いからホクホクしながら、納豆と辛子の
味付けした柔らかくて熱々の餅を味わうと言うわけ。何個でも食べちゃう」

 臼から搗きあがった餅を取り出していくつかの小さな塊に分ける。ある程度
の厚みをつけて平べったく伸ばして四角に切る。これを乾燥させて保存用と
する。これを各家庭に提出した餅米分で配分するのである。正月にはこれを
包丁で切って雑煮にしたり、七輪で焼いて海苔巻きなどにして食べるのであ
る。

                                                                    
 「砂糖を醤油で溶かした砂糖醤油で食べなかった?」
 そういわれて、今まですっかり記憶の倉庫でカビの生えていた懐かしい味が
さあああっと、舌先に蘇ってきた。
 「うわあああ、懐かしいねえ。砂糖醤油ねえ。そうだ、そうだ、子供の頃は砂
糖を醤油で溶かしてそれを焼いた御餅の上に塗るようにして食べたよ。すっか
り、そんなこと、忘れていたなあ」
 搗き立ての餅は、一番美味い。母親たちが用意してくれたきな粉、大根おろ
し、納豆、砂糖醤油、海苔などの中から好きなものを選んで付けたり、巻いたり
しながら食べたものだ。
 保存用の四角い平べったい板のようになった御餅はとても重かった。それを
室(むろ)や、外の物置小屋などに保存しておくのだが、親に言いつけられて
それを取りに行くのが子供の役目であった。室って狭い地下室みたいなもの
だから結構怖いし、ナメクジが壁に這っていたりして気味が悪いところだった。
外の物置小屋には冬は漬物を漬物樽に入れて保存してあるから、独特の臭
いがして嫌だった。
 
 「豆餅は、食べなかった?」
 「おうおう、そういえば、そうだよねえ、食べた、食べた。豆餅って懐かしいね
え。少し、塩気があってねえ、あれも美味しかったよなあ。最近、食べたこと無
いなあ」
 僕の頭の中は子供の頃に食べた豆餅の姿が浮かび、その切り口の豆が半
分に切られて切り口を見せていた光景も浮かび、その塩っ気のある味さえも舌
先に蘇るのだった。

 
 

« 餅つき | トップページ | Hey !Hey !Hey ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/12669078

この記事へのトラックバック一覧です: お餅の食べ方:

« 餅つき | トップページ | Hey !Hey !Hey ! »