最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« JAFにお世話になりました!画像の巻 | トップページ | 風の音が.... »

2006.10.04

修学旅行

■修学旅行生が目に付く■
 仕事場が東京駅のすぐ近くにあるもので、毎日東京駅の丸の内側改札口を
でる。最近は、修学旅行にでも行くらしい男女の高校生が改札口を出たところ
や、地下の集合場所に大勢集まってくる。
 とても餓鬼臭く(子供っぽく)見えてしまうのだが、おそらく自分も当時は大人
からそう見られていたに違いない。
「トイレ行かない?ねえ、トイレ行こうよう」
「ウン、私も行く」
他愛も無い会話を甲高い声でわあわあと喚くように話している。少々耳障りで
ある。

 自分の修学旅行のことを思い出す。北海道から電車に乗って東京に来たと
思うのだが、もう記憶が霞んでしまっていて、断片的にしか映像が残っていな
い。
 東京という神秘的で、魅惑的な言葉は知っていても、その実像はまるで知ら
ないまま「東京」というところにやって来た。電車に乗るにしても、地下鉄に乗
るにしても、乗る駅と降りる駅をしっかりと確認してから出ないと、怖くて、怖く
て仕方が無かった。地下鉄などは、乗ってしまうとあたりは真っ暗。外の景色
が見えないから、何処に進行しているのかさっぱりわからない。わからないこ
との恐怖感が増大する。だから、外の景色の見える当時の国鉄を出来るだけ
利用して移動したものだ。

 後楽園に行ってみた。銀座に行ってみた。東大赤門にも行ってみた。

 あれから、40年近くも生きてきたのか。

 修学旅行生たちは、これから何処に行くのだろうか。

« JAFにお世話になりました!画像の巻 | トップページ | 風の音が.... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/12145130

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行:

« JAFにお世話になりました!画像の巻 | トップページ | 風の音が.... »