最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« NHK吉田拓郎・かぐや姫コンサート | トップページ | テレビドラマ「めぞん一刻」来春スタート »

2006.10.25

大病院で4時間待ち

■4時間も待たされた■
 いやあああ、待たされた、待たされた。午前11時半から行って心電図と両手
両足の血圧測定をして、それから先生の13時からの診察待ちで、延々15時
半過ぎまでロビーで待たされました~~。
 「待ちくたびれる」とは、このことです。


 ここ数年高血圧症で、段々血圧が上がる傾向にあったし、会社の実施する
成人病検査でも引っかかって再検査の要請があったので、意を決して大病院
に通うようになったわけですが、毎度のことながら待たされますなあ。
 小雨がパラパラと降っていたので、自転車の買い物籠に透明ビニールにくる
んだバックを入れ、右手に大き目の傘を持って自転車を漕ぎました。
 相変わらずの大勢の診察を受ける患者さんたち。受付窓口も、外来受付口も
長蛇の列。覚悟はしたものの、これほど待たされると、段々血圧が上がってき
ます。予約券には「13時台の予約」と記入されており、1時間半ぐらい待つの
は覚悟していたとはいえ、結局は待ち時間2時間半でした。
 とうとうマイルドな薬から飲んでもらって様子を伺いましょうと先生が仰って、
初めて血圧の薬を飲むことに。
 「調剤薬局に行ってお薬をもらってください。この処方箋は有効期間が4日間
です」
 聴きなれない「調剤薬局」なる言葉に戸惑い、精算のときに説明を聞いて一
番近い調剤薬局を教えてもらい、激しくなりだした雨の中を自転車に乗ってお
薬をもらいに行き、濡れ鼠になって帰宅した次第です。

 半日は病院で時間をつぶしたんだなあ。診察が終わってから、街に出て用事
を片付けようと考えていたが、その気力はどこかに失せてしまった。

« NHK吉田拓郎・かぐや姫コンサート | トップページ | テレビドラマ「めぞん一刻」来春スタート »

コメント

ELVISさん、お疲れ様でした~。(^^)
大きな病院なんだから、待ち時間 もっとなんとか
ならんのかいっ!って言いたくなっちゃいますよね~。(>_<)
特に土日と言ったら もう一日がかりで その後の
予定がたたなくて 困っちゃいます。

最近知ったのですが、処方箋って 病院の近くの調剤屋
じゃなくても、自分の行きつけの薬局やドラッグストアで
処方箋を扱ってるとこなら どこでも処方してもらえますね。
有効期限があるものの、ドラッグストアだと 自分の
買い物のついでとかで気軽に行けるので便利です。d(^^)

のりのりさん、こんにちは。
先日はピザが食べれなくてとても残念でした。
写真拝見しましたが、小温ちゃん、タープの下で楽しそうでしたね。
トリトンさんが小温ちゃんの為に買ったのかと思いましたよ。
心の広い方だから。(^_^;)

もうねえ、ほんとにねえ、待ちくたびれました。
それに午後のスケジュールが全く狂ってしまった。
でも、仕方ない、仕方ないんだ、自分の病気を早く治すことだって、
自分に言い聞かせながら文庫本読んでいました。
(⌒~⌒ι)とほほ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/12423101

この記事へのトラックバック一覧です: 大病院で4時間待ち:

« NHK吉田拓郎・かぐや姫コンサート | トップページ | テレビドラマ「めぞん一刻」来春スタート »