最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 連勝できませんねえ( ̄ェ ̄;) | トップページ | 池部 良について »

2006.08.14

風の食いもの 著 池部 良

■風の食いもの■

 ふらりと立ち寄った駅ビルの本屋。

 野田知佑の新刊が今月出ているはずなんだが、と探し回った。

 椎名誠の本棚を見た。アウトドアの棚も見た。何処にもない。

 変だなあ、何処にもないなあ、と探し回っているうちに、「池部 良」の名前が
目に留まった。

 あっ、新刊本だ。たちどころに、レジに持って行った。

■「風の食いもの」 著 池部 良■

 池部 良の新刊本です。文芸春秋の文庫です。税込み590円。

 相変わらずの軽妙な文章で、一話、一話が起承転結、完結してすっきりとす
る文章です。

 でも、ちょっと違うのは、思い出の美味い食いものと、不味い食い物、までは
良しとしても、それプラスとんでもない食いものがあって、これはショックです。
しばし、映像が頭から離れません。

 書くと気持ち悪くなるので、止めておきます。

 食の思い出というのは、インパクトが強烈なものですね。

 あの親父さんの逸話を読んでいる方が、あははははとか、くすくすくすっと笑
って済ませられるんだけどなあ...。

« 連勝できませんねえ( ̄ェ ̄;) | トップページ | 池部 良について »

コメント

池部良って青い山脈の?
ゴジラシリーズとかに出てた・・・。
太平洋戦争中は乗ってた軍艦が沈没して8時間も漂流したそうですねぇ~。

RITCHIEさん、こんにちは。
そうです。「青い山脈」などでスターになったあの池部 良です。
この方、本当はシナリオ作家になりたかっただけあって文章が旨い。

「そよ風ときにはつむじ風」は、池部 良の父親を中心にして
書いたエピソードなんですが、画家であり、頑固一徹のハチャメチャな父親の脈絡のない行動が起こす家庭の内紛、妻との不思議な愛情、変な交遊録などなど笑えます。

早々ゴジラの映画にも出ていたよね。
懐かしいなあ。
白黒の映像だった頃のゴジラは、怖かったし、面白かったなあ。
また、全部ゆっくり観てみたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/11428972

この記事へのトラックバック一覧です: 風の食いもの 著 池部 良:

« 連勝できませんねえ( ̄ェ ̄;) | トップページ | 池部 良について »