最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 風の食いもの 著 池部 良 | トップページ | 巨人を応援する会の旗揚げ? »

2006.08.17

池部 良について

■コメントに訂正あり■

 RITCHIEさんからのコメントに対して、「池部 良」さんがゴジラ映画に出演し
たかのように書きましたが、どうも間違い、勘違いであったようです。

「(^^; )すんつれいしました m(_ _)m _(._.)_

f(^_^; スンマセン

 池部 良さん出演の映画作品を検索すると、

 「宇宙大戦争(1959)」
 「妖星ゴラス(1962)」
 「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE(1977)」

 には出演していました。
 でも、ゴジラには出演していません。
 ごめんなさいね。

 ついでに池部 良の出演映画リストを探していると、「青島(チンタオ)要塞爆
撃命令(1963)」があり、思わず「うっわああああああ、懐かしーーいーー」と叫
んでしまいました。

 偶然見た映画なんでしょうねえ、たぶん。とても興奮してみた記憶がありま
す。すごく楽しかったのでしょう。中学生ぐらいの頃に、観たのかな。

 何かと二本立てだったのかなあ。当時子供の頃は、映画は二本立てでした。

 第一次世界大戦の時代。中国の青島(チンタオ)で繰り広げられるドイツ軍と
日本軍の飛行隊の活劇。飛行機といったって、当時は双発機。

 スタッフ、夏木陽介・加山雄三・伊吹徹・池部良・佐藤允・浜美枝 などなど。

 夏木陽介と佐藤允の顔を鮮明に思い出します。「やま猫作戦」という映画も
思い出しちゃったなあ。佐藤允さんて、渋い脇役の人なんだけど、一度観ると
絶対忘れられない顔と演技なんだよねえ。好きでしたねえ。

 なんか、話が逸れていきました。映画の話になりましたね。

 今度、映画、と言っても古い、古い映画の話でも書きましょうか。

 時間があったらね。

 それでは、うそを教えたRITCHIEさん、ごめんなさいね。


« 風の食いもの 著 池部 良 | トップページ | 巨人を応援する会の旗揚げ? »

コメント

エルビスさん、私も勘違いです。
そんな気がしただけで、書いておいて「はて、出てたっけか?」と思い記憶を辿っても思い浮かぶのは高島忠夫とか志村喬とか宝田明とか小泉博とか佐原健二とか田崎潤とか・・・。
でも確か何かの作品には出てたよなあ~?
で、それは妖星ゴラスでした(^^ゞ

東宝の特撮シリーズって書けばよかったですね。

そうそう、僕の頃も日本映画は二本立てが普通でしたね。
で、夏休みになると東宝や東映は「東宝まんがまつり」とかで五本立てでした。
東宝の場合は渋谷の道玄坂まで行ってましたが、東映の時は近くの大井町で観れたので朝から行って五本立てを三回観てました(笑)
東宝では、ゴジラの他に映画版「飛び出せ青春!」とか有名になる前の宮崎駿の「パンダコパンダ」とかやってました。
東映は、「仮面ライダー」とか「デビルマンVSマジンガーZ」とかですが、それ以前は「冒険宝島」に感動でした。

そうそう「となりのトトロ」も公開当時は「ホタルの墓」との二本立てでしたよ。
二本目に観たのがトトロで良かったです。最初にトトロを観て二本目がホタル~だったらとても辛い気持ちで劇場をあとにしていた事でしょう。客の殆どが鼻をすすってたし。
僕はあのエンディングに唖然としてしまい悲しいとかの気持ちはなかったです。
最後、新宿の夜景が映し出された時、「ああー、あの少年は現代になって出世して素晴らしい人生を送っているんだ」そんな物語がこれから始まるんだと思っていたら、そこで終わり・・・。
「ええええええええ!!!!これで終わっちゃうのぉー!?」
トトロが始まるまでの休憩時間はもう・・・本当に・・・
なんか納得いかなかったです。が、それが当時の現状だったのでしょうね。

あれ?話しがずれてる・・・。
同級生に付き合わされてみた山口百恵の「潮騒」の時も和田アキコの映画と二本立てでした。
百恵ちゃん主演の映画に対して毎回決まってマスコミが注目するのは作品の内容や演技ではなく、三浦友和とのラブシーンやどこまで肌を見せるか?そんなことばかり・・・超最低!
もし、「ターミネーター」が日本の作品だったら注目するのはあのシーンだけでしょう・・・。
日本のマスコミにとって映画の内容なんてどうでもいいんだろう、問題は女優が脱ぐ事なんだから。

おおっと、また話しがずれました。
m(。-_-。)mス・スイマセーン・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/11477910

この記事へのトラックバック一覧です: 池部 良について:

« 風の食いもの 著 池部 良 | トップページ | 巨人を応援する会の旗揚げ? »