最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 味気なああ! | トップページ | いつの間にか、七夕が過ぎていた »

2006.08.09

耳毛 ?

■眉毛が伸びた■

 最近と言うか、近頃鏡を見るとき、気になるのが他の眉毛より長ーーく伸び
て、だらりと垂れ下がっている眉毛の存在。

 昔、社会党の村山さんが総理大臣になった時期がありましたよね。テレビに
映し出される村山総理の長くて白い眉毛を見て、ああ、年取るとこんな眉毛に
なるのかな、っと思った記憶があります。

 そして自分もそんな長くて、白くはないのですが、だらりと垂れ下がったよう
に伸びている眉毛が目立つようになってきたのです。

 ああ、とうとう、自分も村山総理だああああ。f(^_^; スンマセン


 で、長くてだらりと垂れ下がっている眉毛を見つけると、鋏で切るようにしてお
りまして、まだ、まだ年寄りに見られるのは嫌じゃあああっと、老いへのむなし
い抵抗を続けています。

 ところが見逃していた場所があったんですね。

 眉毛に気をとられているうちに、なんと耳の穴のすぐそばに長ーーーーーい
毛が育っていたのです。それがだらーーーりと垂れ下がっていることに全然
気がつかなかった。

 なぜ、今まで気がつかなかったのか?

 二つ理由が考えられます。

 1.一つは床屋さんに行かなくなったんですよ。

  男の整髪も今高いじゃないですか。こんな話するとキャンプの仲間で理髪
  店のご主人がいるから拙いんですけどね。ここ、読んでないよね。
  今、6000円位するのかな。

  でも、床屋さんに行けば、痒い所に手が届く、ということで、鼻毛から耳毛
  から眉毛から切ってくれるんですよ。それにマッサージまでしてくれるしね。
  あれ、とても気持ちいいじゃないですか。うっとりしてしまいますよね。

   でも、台所事情も最近苦しいですから、さらに、なんですか、追い討ちをか
  けているのがガソリン代の高騰。腹立ちますよねえええ。もうすぐ、リッター
  当り150円ですよ。ふざけていますよね。

  ああ、話がそれちゃった。それちゃった。
  で、まあ、妻に、私の奥さんですけど、お願いしちゃって、左手が多少不自
  由で痺れがあるので昔ほどスススーーーッって切れないわああ、なんて言
  い訳しながらも、切ってくれるわけですよ。6000円の節約のために。

  で、まあ、床屋に行かなくなってしまったので、いつの間にか耳の穴のそば
  に長ーーーーーーーーい毛が伸びていたんですね。

 2.それともう一つは、お互いに耳あかの掃除のやりっこをしなくなったことです
  よね。

  若い頃は、まあ、新婚気分がまだ抜けない間は「ねえ、ねえ、ねえってばあ
  あ、耳垢見てくれない?」とか言ってですね、ひざの上に頭を乗っけて甘え
  るわけですよ。
  あれ、気持ちいいじゃないですか。耳垢取りが耳の穴に入ってくるのがなん
  だか不安なんですが、頭を横にして膝枕で身をゆだねていると、なんだか心
  地良くなっていってうっとりとした気分になれますよね。
  耳の中でガサガサゴソゴソと音がして、「あっ、痛い。そこ、痛いわよ」「あっ、
  ごめん、ごめん、ごめんねええ、ちょっと大きな耳垢がこびり付いているもん
  だからさあ、それをそり落としてやろうと思ってちょっと力が入っちゃった」な
  んて謝りながら、耳垢を外に慎重に持ってくる。

  「ほううううら、見てご覧よ、ねえっ?、大きいでしょう」
  「うわぁああ、本とだああ、おおっきい」

  なんて、ですね、耳垢取りをやりっこしていれば、耳の穴のすぐ横に伸びた
  毛なんてものはすぐに発見されてですね、気がつかないなどということは
  無いわけです。

  お互いの存在に無関心になってきたのでしょうかね?

  いけませんなあ。

  耳の穴のそばに咲いた一輪の「長い毛」のお話でした。


« 味気なああ! | トップページ | いつの間にか、七夕が過ぎていた »

コメント

うちの近所は3800円ですよ。
カットだけなら、1500円と言うところもあります。

 でもキチッと七三に分けないカットなら、電気バリカンで良いのが結構ありますよ。スキカルとかね、価格もそんなにしないです。

http://item.rakuten.co.jp/tantan/er504p/
ごめんなさい、「カットモード」って名前に変わってました。

ライダーさん、お久しぶりです。(^^)/ こんちは

暑いですねえ、此処のところ。
昨日はものすごく汗かいて、嫌な夢見て寝起きが悪かった。
嫌な夢を起きてからも引きずるなんて、久しぶりだなあ。

そうそう、職場のすぐ近くの東京駅の地下に、
ありました、ありました、カットのみ1,000円でした。
10分間、1,000円と看板に書いてありました。

でもね、女房にやってもらえるうちは、やってもらいたいのです。
左手の痺れが悪化しないうちは、女房にやってもらいたいのです。
これって、甘え? 「(^^; )すんつれいしました


甘えじゃ無くってのろけ(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/11349779

この記事へのトラックバック一覧です: 耳毛 ?:

« 味気なああ! | トップページ | いつの間にか、七夕が過ぎていた »