最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 内視鏡とやらを飲んだ!! | トップページ | 内視鏡を飲んだ! 続続編 »

2006.07.21

内視鏡を飲んだ! 続編

■大病院の受付■

 父が息を引き取った大病院は、建物そのものは大変古く、継ぎ足し、継ぎ足し
の、中に入ると実に判りにくい構造の建物であるが、親しみの湧く雰囲気であっ
た。昔ながらの病院の匂いを持った建物であった。

 片や今回検査の申し込みに行った大病院は、この後じっくりと知ることになる
のだが、まだ建物が新しく、そのシステムも近代的で、徹底したコンピューターシス
テムの導入、役割分担の簡潔化、社員?教育の徹底、などなど目を見張るもの
があった。すごい。こんな病院は初めてだ。

 しかし、しかし、だが、患者の数が多すぎるよ。


 さて、入口から入ってみると広大な総合受付にまず驚く。そしてたいていの人
が、その広さゆえ、必ずと言って良いほど、何処に行くべきか、まず迷う。

 わたしもそうだった。

 きょろきょろ、きょろきょろ。辺りを見回す。長椅子が何列も並び、扇型に開いた
ように向かっているのがたぶん総合受け付けてあろうと見当を付けた。左に「初
診者」何とかと書かれた看板。右に「予約者」何とかとかかれた看板。真ん中に
「受付」と書かれたカウンターがあった。が、しかし、誰もカウンターにはいない。

 たくさんの人が、目の前を右に行き、左に行き、車椅子の人があちこちで何か
を待っている。総合受付のカウンターには、まるで銀行のカウンターさながらの
雰囲気があり、「初診の方は、受付票をお取りになって番号が呼ばれるまでお
待ちください」とあった。まるで、銀行や区役所の窓口と同じだな、とつぶやきな
がら受付票を引っこ抜いた。

 大して待ちはしなさそうだ。3人待てばいいんだ。早いじゃん。

 長椅子に座り、次から次に入口から入ってくる患者さんらしき人たちを眺めた。
みんなまず何処に行ったらいいのか、迷っている。直接、総合受付のカウンター
に行って「まず受付票をお取りになって、その番号を呼ばれてからカウンターに
お越しください」と説明を受ける人がなんと多いことか。

 受付で呼ばれるのにそうは時間がかからなかった。

 成人病検査の結果の診断書と、会社からの再検査受診の依頼書を持ってカ
ウンターに向かった。たぶんこのカウンターのお姉ちゃんや、お兄ちゃんはどこ
かの人材派遣会社の人たちではなかろうか。そんな仕事ぶりである。病院の
職員というのは、なんとなく、緊張感がなく、とても事務的で、話し掛けにくさが
あったりする。

 それに比べると、派遣社員の人たちは、こちら側を向く姿勢がある。何か聞こ
うとすると、すぐに「なにか?」とか、「どうされました?」と反応が返ってくる。今回
会社指定の健康診断を受けた病院にしても、健康診断の受付のスタッフと業務
の流れががらりと変わった。実にスムーズで合理的であった。あれは病院の職
員ではない。病院の業務を肩代わりする人材派遣会社の人間である。受診する
側からすると、大変に時間の短縮化、と親切な応対で感じは良かった。

 この大病院は初診の患者で、他の病院の紹介状がないと別途料金が徴収さ
れる仕組みらしい。カウンター前で待っていたときにその旨を書いた看板を読ん
でいた。

 会社指定の蒲田総合病院で受けた成人病検査の診断書と会社からの再検査
受診の要請書を見せると、なんとそれで紹介状とみなされ、「ご紹介の患者さん
として受付いたします」と言われた。なんだか、恐縮してしまい、「いや、ご紹介
なんかされていなくて、会社から再検査を受けろと言うので、自分が選んでここ
に来たんですよ」なんていい辛くなってしまって、「はい」と大人しく答えておいた。
それで、2500円ほど初診料が安くなるのである。

 「それではお待ちください」と言われてから、長椅子に座って待つこと、40分!

ながーーい。長ーーーーい。待ちくたびれた。

 この辺がなああああ、大病院の嫌なところなんだよなあ。


« 内視鏡とやらを飲んだ!! | トップページ | 内視鏡を飲んだ! 続続編 »

コメント

ELVISさん、こにちは~。(^o^)
そうそう、待つのが嫌で σ(^^)も出産の時に
小さな個人病院を選んだんです。
でも、結局帝王切開で大きな総合病院を紹介されて
そこで産んだんですけど。(^^;

定期検診の時も 朝一番で行っても、終わったのが
昼過ぎでした。ほんと 待つのって やー。(>_<)

これを機に次からは 暇つぶしできるように
本とか携帯ゲーム機を持って行ってました。(笑)

>>これを機に次からは 暇つぶしできるように
>>本とか携帯ゲーム機を持って行ってました。(笑)
そうそう、文庫本持っていくと、ちょうど良い時間ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/11040967

この記事へのトラックバック一覧です: 内視鏡を飲んだ! 続編 :

« 内視鏡とやらを飲んだ!! | トップページ | 内視鏡を飲んだ! 続続編 »