最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 春の気配か | トップページ | 花見が終わってしまうぅぅぅぅぅぅ »

2006.03.22

春分の日

■春分の日って...?■
昨日は、世間様では「春分の日」だったらしいけど、僕は仕事。
祝祭日などとは縁のない仕事に就いているので、どうでもいいと思って最近は深く考えないのだけど、でもさあ、改めて「春分の日」ってどうして休みなの?って、疑問符が頭の中にたくさん浮かんだ。

気になり始めると、調べてみたくなった。

まずは国語辞典。
我が家にある集英社の国語辞典で調べると、
●「春分」とは、二十四気の一つ。太陽暦では三月二十日ごろ。(集英社 国語辞典)
とある。

今度は、「二十四気」って何?ってなるよね。
●「二十四気」(にじゅうしき)とは、太陽の黄径を二十四等分して、それぞれに季節を割り当てた太陰暦上の季節区分。二十四節気。
春は、立春(2/4)・雨水(2/19)・啓蟄(3/5)・春分(3/20)・清明(4/4)・耕雨(4/20)
夏は、立夏(5/5)・小満(5/21)・芒種(6/5)・夏至(6/21)・小暑(7/7)・大暑(7/22)
秋は、立秋(8/7)・処暑(8/23)・白露(9/7)・秋分(9/23)・寒露(10/8)・霜降(10/23)
冬は、立冬(11/7)・小雪(11/22)・大雪(12/7)・冬至(12/21)・小寒(1/6)・大寒(1/21)
だそうです。

そして
●「春分の日」とは、国民の祝日の一つ。春の彼岸の中日で、三月二十一日ごろ。もとの春季皇霊祭。(集英社   国語辞典)
とあって、
すると、「春季皇霊祭」とは、何ぞやとなってしまう。
●「春季皇霊祭」とは、宮中大祭の一つ。春分の日に皇霊殿で、天皇が歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る祭  
  儀。→秋季皇霊祭。(集英社 国語辞典)
とあるので、ああ、これが国民の祝日の謂れなのであろうかと思って調べた。

こういう時にはインターネットの検索というのは便利であります。
「春分の日」で検索すると、色々と引っかかってきました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で、
「1947年までは、春季皇霊祭という祭日だった。」とあるので、確かに「春季皇霊祭」が元になって国民の祝日であったわけだ。
それが
「1948年公布・施行の祝日法によって制定された。」とあり、
戦後に
『春分の日(しゅんぶんのひ)は国民の祝日の一つ。国民の祝日に関する法律(祝日法)では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている。3月20日から3月21日ごろ。(概ね3月21日が多いが、閏年=2月29日が設けられる4の倍数の年=次回は2008年は3月20日になりやすい)』と書いてあるとおり、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨とする祝日になったんだそうだ。

しかし、分かりにくい祝日でありますなあ。「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の祝日であるならば、「国民の
アウトドアに親しむ」祝日とした方が良くないかなあ。

あと、春分の日が3月20日の場合と21日の場合があるというのも面白い。
さらに「春分の日」で検索すると
【2001年2月2日 国立天文台・天文ニュース (413)】で、面白い資料があった。

年    春分日  秋分日
2003年 3月21日 9月23日
2004年 3月20日 9月23日
2005年 3月20日 9月23日
2006年 3月21日 9月23日
2007年 3月21日 9月23日
2008年 3月20日 9月23日
2009年 3月20日 9月23日
2010年 3月21日 9月23日
2011年 3月21日 9月23日
2012年 3月20日 9月22日
2013年 3月20日 9月23日
2014年 3月21日 9月23日
2015年 3月21日 9月23日
「春分、秋分の瞬間は、もともと、太陽の位置という天文学的な条件で定まります。」とあるので、
びっくり。
知ってた?

« 春の気配か | トップページ | 花見が終わってしまうぅぅぅぅぅぅ »

コメント

たいへんよくできました。

いやぁ、よくわかりました、昼夜の長さが同じと言うのは聞いてましたが、日にちがずれるのは、、、知らなかったなぁ。

 今度浩庵で親父ソロやります。

ライダーさん、こんにちは。
親父ソロですか。
それでは、覗かせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/9204159

この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日:

« 春の気配か | トップページ | 花見が終わってしまうぅぅぅぅぅぅ »