最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 三浦敬三さん死去の記事 | トップページ | 初詣 »

2006.01.06

続 めぞん一刻最終巻

母の家に新年の挨拶をしに出かけた。

一昨年の12月に亡くなった父の遺影にお供えをして、お線香を立てた。

母と僕の弟、僕と妻の4人で静かに新年の挨拶をした。

テレビのお正月番組を見ながらみんなで談笑。

典型的なワンマン亭主だった父が亡くなって母は落ち込むどころか、元気である。

それはそれでいいことであると思っている。

「お父さんより長生き出来てよかったわ」と母が言った。

めぞん一刻の最終巻で、五代君がプロポーズした後、管理人さんが五代君に言ったせりふを思い出した。

「ひとつだけお願いがあるの。私よりも一日でも長生きして。もう一人では生きていけそうもないから」

うううむむむむむむ!?

« 三浦敬三さん死去の記事 | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/8034801

この記事へのトラックバック一覧です: 続 めぞん一刻最終巻:

« 三浦敬三さん死去の記事 | トップページ | 初詣 »