最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.21

高橋留美子への推薦文

時々ですが、新聞の記事で気になるものがあると切り取ってファイルする癖が
あります。そのまま積み上げて忘れてしまって、時々思い出したように整理す
るのですが、捨てるものもたくさんあります。
何でこの新聞を切り取っておいたのだろう?と、不思議に思い、捨ててしまい
ます。黄ばんだ新聞紙にはなんだか価値がありそうな気もして捨てがたいの
ですが、読み直してみてもどの記事に気持ちが動いたのかわからないものは
捨てます。

今日、少し整理してみると、朝日新聞の2005年4月16日(土)のe5面に
養老孟司氏が好きなマンガとして「高橋留美子」の作品を上げています。

 特に脇役たちが生き生きとしていて、錯乱坊(チェリー)、八宝斎などが好き
であると述べています。

 こういうのは同士を得たりという感じで、うれしいですね。

2006.01.20

焼肉、たらふく食べた

腹がパンパンである。
もう何も食いたくない。
胃の中は、最上級の焼肉、蟹、アワビ、帆立貝などで一杯だ。
そして生ビールも。
一皿(一人前)3.000円の高級焼肉が、一人当たり6皿。
そのほかに、アワビや蟹や帆立貝が一皿ずつ。
もう何もいらない。

続きを読む "焼肉、たらふく食べた" »

2006.01.10

リンクからリンクへと

早くも正月から10日目である。
時の流れは速い。

ところで、5日、6日、7日と三連休を取ったのでじっくりとパソコンに向かう時間が出来た。NIFTY-Serveの時代のFCAMPフォーラムで知り合った人たちのホームページやブログにアクセスして、リンクからリンクへと飛び回ってみた。あっ、こんなところにあの人のブログがあった。と、喜ぶことが出来た。

インターネットって面白いね。
FCAMPが閉鎖になって、更新が途絶えた人たちとインターネットで挨拶が出来るんだものね。
いまさらながらに、うれしくなった。

以上

2006.01.07

初詣

_006s 初詣に出かけた。昨日出かけたのだが、街中は渋滞し、氷川神社の駐車場も満車。おそらく競輪の開催も影響したのだろう。それで今日出直しの初詣となった。

続きを読む "初詣" »

2006.01.06

続 めぞん一刻最終巻

母の家に新年の挨拶をしに出かけた。

一昨年の12月に亡くなった父の遺影にお供えをして、お線香を立てた。

母と僕の弟、僕と妻の4人で静かに新年の挨拶をした。

テレビのお正月番組を見ながらみんなで談笑。

典型的なワンマン亭主だった父が亡くなって母は落ち込むどころか、元気である。

それはそれでいいことであると思っている。

「お父さんより長生き出来てよかったわ」と母が言った。

めぞん一刻の最終巻で、五代君がプロポーズした後、管理人さんが五代君に言ったせりふを思い出した。

「ひとつだけお願いがあるの。私よりも一日でも長生きして。もう一人では生きていけそうもないから」

うううむむむむむむ!?

三浦敬三さん死去の記事

■僕もスキーが大好きだった■

 新聞を読んでいたら、「三浦敬三さん死去」の見出しが目に入った。

 えっ、と思いあわてて記事を読んだ。あのプロスキーヤーの三浦雄一郎さんのお父さんであることを確認して、ふううとため息が出た。101歳だったそうだ。

 自分のスキーに夢中だった時代の事が脳裏を走った。

続きを読む "三浦敬三さん死去の記事" »

2006.01.05

映画鑑賞「ザ・インタープリター」

■ザ・インタープリター■

 久しぶりに食い入るようにして映画を見た。というのが「ザ・インタープリター」を見終わった感想。

 DVDの化粧箱の見出しから察したアクション映画のイメージとは違って、ニコール・キッドマンとショーン・ベンの好演技とストーリー展開の意外性。

 ニコール・キッドマンがとても魅力的だった。

2006.01.02

明けましておめでとうございます

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

戌年ですね。犬。

子供の頃は犬を飼っていました。犬の散歩もしていました。

犬のいる生活もいいな。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »