最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« LOVERS | トップページ | サブマリン707 »

2005.11.05

センチメンタル・アドベンチャー

■クリント・イーストウッドの映画■

 クリント・イーストウッドのDVDを借りた。珍しい映画だ。

 「監督イーストウッドの評価を高めた感動作!
」と裏の解説に書いてある。

 エルヴィス・プレスリーもデビュー当時の1950年代、何度も立っ
たことのあるナッシュビルの有名なカントリー&ウエスタンのステー
ジ「ルイジアナ・ヘイライド」に、カントリー・ミュージシャンである
クリント・イーストウッドが挑戦する話である。
 で、ずっと観ていくと、彼は飲んだ暮れで、肺を患っていて風前の
灯の命であるということが次第にわかってくるのであるが、そこに
クリント・イーストウッドの実の息子扮する甥っ子と、祖父も絡んでき
て静かにゆっくりと悲しみの終焉へと向かっていく。

 クリント・イーストウッドがギターを弾いて歌うシーン、黒人のブルー
ス・シンガーのピアノ伴奏をするシーンなどは驚きである。
 これがさあ、けして上手い歌ではないのだけど、渋くて味わいのあ
る歌声なわけ。
 実の息子の演じる甥っ子も泣かせる演技で、なかなか出来の良
い映画でした。

« LOVERS | トップページ | サブマリン707 »

コメント

たぶんこの作品はELVISさんの肌にあうだろうと思ったのです。
満足して頂いた様で何よりです。

実は「ダーティ・ファイター」という映画でも、彼はテーマ曲を歌っているのですよ(^_^)作品には出演してはいないのですが、デュエットしているのはレイ・チャールズです。
内容はコメディですが御覧になります?

もっと前にはリー・マービンと共演してる「ペンチャー・ワゴン」なるミュージカル西部劇でも歌ってますが、女に片思いしてメソメソ歌う役柄がなあ・・・。でもこれは、女に惚れた時の男の本質を演じているのかも。

結構彼の演じる男って強いしカッコイイんだけど、女にはだらしないというか、不器用というか・・・、そんな風に思います。

リッチーさん、こんにちは。

>>たぶんこの作品はELVISさんの肌にあうだ
>>ろうと思ったのです。
>>満足して頂いた様で何よりです。
はい、僕の肌に合いました。
クリント・イーストウッドは、本当に素晴らしい監
督であり、俳優だよね。

最近、「ローは井戸」、じゃないや、「ローハイ
ド」のDVDが発売されたようですね。

ローレン ローレン ローレン
ローーハーーーーイ
ピシッ(鞭の音)
ハイヤア

ELVIS

ローハイドなら今、BSで夜八時から放送してまっせ!
BS見れるのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/6916501

この記事へのトラックバック一覧です: センチメンタル・アドベンチャー:

« LOVERS | トップページ | サブマリン707 »