最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« ユノミ | トップページ | LOVERS »

2005.11.05

紅葉を求めて

■紅葉を求めて、奥多摩へ■
 先月、道志の森でキャンプした時は、紅葉にはまだ早かったが、
もうそろそろ赤くなり始めた頃に違いない思い、妻とドライブするこ
とにした。

 16号線を走って青梅市内を走り、小河内ダムを目指す。
 空は申し分のない青空である。風もなく、穏やかな気候でドライブ
日和であるなあ。
 先日、妻が買った平原綾香の歌う「明日」と「ありがとう」を聞きな
がら多摩川を遡る。平原綾香のしっとりとした歌声に、身体中の緊
張感が全部溶けてしまう。

 小河内ダムの駐車場に入った。
_016_
_010_
_012_
                                                                   
                                                                   
 
 ようやく紅葉らしきものが駐車場の植林された木々に見受けられ
た。

 今年は紅葉が遅い。わずかな秋の訪れの気配に少しだけ納得す
るしかないか。

  小河内ダムでゆったりと時間を過ごした。妻が僕の手を握って歩
こうとするので、少々恥ずかしいではないか、と思ったが、まあ、いい
っか。それにしても腹が減った。
「コンビニでオニギリとかおかずでも買ってきていればよかったね」
「うん、なんだか腹減ったなあ」

 色気のない話である。

 腹がすいたので、 小河内ダムを出発。

 塩山に向かった。
 その途中で温泉を見つけた。名前を忘れてしまった。
 吊り橋を渡っていくと左手に比較的新しい温泉がある。
_017_
「温泉に入ろうか?」と妻を誘ったら、「もう少し
ドライブしたい」と温泉に入ることを渋った。
「とってもいい天気だし、もったいないじゃない。
温泉に入るのは夕方でもいいと思う」だって。
僕はドライブに少々疲れていたので、この辺で妥協してこの温泉
に入って本日のドライブは終わりにしたかった。

 結局、その温泉には入場したが、小さなレストランで遅い昼飯を
食べただけだった。
_019_
澄んだ川の流れ。広い川原。
「バーベキュー、キャンプを禁止します」という
立て看板が無粋だ。
残念!

 多摩川の更に上流を遡り、一之瀬高原、大菩薩峠、塩山と走り
ぬけた。

 最後は、山梨フルーツ公園の中にある「ほったらかしの湯」の
「あっちの湯」である。

 大型観光バスが先頭を走り、それに続いてマイカーが4〜5台並
んで走ったので嫌な予感がした。ううむ、こりゃあああ、混んでるか
も。
 そしてその予感は的中した。
 観光バスからぞろぞろと年配者の観光客が「あっちの湯」の受付
に向かって並んだ。
 迷ったが、ええい、ままよ、と躊躇する妻も道連れにして500円
の入浴料金を払って入った。

 まあ、どうということのない露天風呂であるが、ご覧のとおり、富
士山と山梨の盆地の景色を眺めながら風呂に浸かるのが売りで
あろうか。
_021_
_023_
30分ほど露天風呂に浸か
って、雲に見え隠れする富
士山の雪を被った頭を眺め、
風呂から上がった。

 帰りは雁坂峠を越えた。もう真っ暗で何も見えない。
 西沢渓谷を見たかった。それが心残りだ。
 来年の紅葉の季節には、西沢渓谷を登るぞ。


 

« ユノミ | トップページ | LOVERS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/6913317

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を求めて:

« ユノミ | トップページ | LOVERS »