最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.29

Sound it!3.0 LE

■音楽ソフトに、悪戦苦闘■

 ELVIS PRESLEYのカセット・テープに残っている音源を、
何とかCDに落とそうと悪戦苦闘中と書きました。

 カセットデッキからパソコンへの録音の方法がわかったのですが、
次は録音したカセットテープの音源を曲ごとに切り分ける方法がわ
からない。

 これも試行錯誤。

 起動ボタンをあっち、こっちと触りまわり、折角録音した30分以
上の音源を消してしまって、また録音し直したり、いやああ、丸一
日振り回された。


続きを読む "Sound it!3.0 LE" »

ご近所散歩

■梅雨■

 今日は雨。

 雨は嫌いじゃない。

 ミュージカル映画の「雨に唄えば」の土砂降りの中で、確か
ジーン・ケリーだったと思うけど、傘を差して雨水の溜まった
歩道を楽しそうに歌って、跳ねて、踊りまわるシーンは大好き。

 僕もそうしたい衝動に駆られる。

 誰もいないことを確かめてから、傘を振り回して「ジャスト、シーー
ーギング、イン・ザ・レイン...」と唄いながら、踊ることがある。

 誰かが突然現れると、慌てて踊りを止めて「今の見られていない
よな」などと、心の中で呟いて、澄ました顔で歩いてみせる。


続きを読む "ご近所散歩" »

2005.06.27

UA-1X

■カセットテープの音源の保存■

 結構、ELVIS PRESLEYのカセットテープで残してある音源
とかあるんだよね。

 ところが、気が付いてみるといつの間にかカセットデッキはなくな
っている。新しい車にもカセットデッキは付いていない。

 子供達のオーディオ・セットもカセットデッキの付いたものではなく
なってしまっていた。

 ありゃりゃりゃりゃ、いつの間にかカセットテープが聞けなくなって
いたんだ。

 そこでパソコン・ショップに行って、「レコードやカセットテープの音
をパソコンに保存」出来る装置を買いました。

続きを読む "UA-1X" »

2005.06.25

車中泊を楽しむ

■読書シリーズ■

 「神々の黄昏」を読んでいる最中だけど、浜松町の書店でちらりと
目に入ったアウトドア・コーナーの『車中泊を楽しむ』という本が気に
なり、立ち読み。

 昔、「熟年放浪」という本だったと思うけど、定年後の60歳を過ぎ
た夫婦が日本全国を車で旅して歩く話を思い出した。あれはなかな
か面白かった。

 ただ「熟年放浪」は、どちらかと言うとキャンプ場を主体にして宿泊
して歩く話だったし、そこで出会った人たちとの交流の話が面白かっ
たが、「車中泊を楽しむ」は、駐車場、道の駅、サービスエリア、空き
地などを迷惑にならないような配慮をして宿泊して歩く実体験を基に
したハウ・ツウものだ。

 「車中泊を楽しむ」は、なかなか僕も試してみたくなるノウ・ハウが
あったので為になりそう。断熱、虫除け、目隠し対策などなど。

 それとは別に、また「熟年放浪」が読みたくなった。

 あの本、何処に仕舞ったっけ?


 

2005.06.15

神々の黄昏

■現在、再読中の文庫です。■

 アラン・ムーアヘッドの「神々の黄昏」 ハヤカワ文庫。

 この人の作品と出会ったのは、野田知佑さんの愛読書の照会で
知ったのだと記憶しています。
 最初に読んだ本が、「恐るべき空白」。
 いやああ、読んでいく内にどんどん引き込まれていきましたね。
 オーストラリア大陸の探検に出向いた探検隊の過酷な運命が、
克明に記録されていて、読んでいるとどんどん喉が渇いていくよう
な心境でした。

 「神々の黄昏」は、第2次世界大戦のドイツ軍とイタリア軍が徐々
に敗退していく姿を戦争特派員という目から描いてます。
 ルポルタージュです。

00004

体重計 2005年6月15日

■体重測定 2005年6月15日水曜日■

 久しぶりに、実に久しぶりに体重計に乗った。朝風呂の後である。
 びくびくしながら乗った。きっと太っているに違いない。
 昨日、川原キャンプで飲んで飲んで、食べたからなあ。
 結構、ジーパンがきつくお腹に食い込んでいたからなあ。

 じゃっじゃっじゃーーーーーん。
 あれっ、69キログラム?
 僕の最近の平均体重は、71キログラムであった。
 やっ、やっせている、痩せているじゃん

 素直に喜べなかった。

続きを読む "体重計 2005年6月15日" »

2005.06.07

老眼と説明書

■ディマージュZ3の操作■

 ルンルン、るんるん、るんルン、ルンるん、るンるン。

 ステップ踏んで、お家に帰る。

 商品の箱から説明書を取り出す。

 説明書を開いて、文字を読む。

 ああ、悲しいかな、悲しいかな。

 老眼で、乱視の目に、説明書の文字がぼやけてしか見えない。

続きを読む "老眼と説明書" »

続、買っちゃった、買っちゃった!

■大宮ソフマップにて...■

 有楽町駅から、大宮駅に移動。西口の大宮ソフマップに行った。
後で考えたら、有楽町の反対側にソフマップが在ったんだよね。
まあ、いいっか。

 ビックカメラに無かったんだから、余り期待しないで店舗内を探し
た。

 でもさあ、あったんですよ、ありました。

 デジカメコーナーの一番左端に、ディマージュ Z3が39.800円
で展示されているんですよ。

 ああ、ああ、あったよ、あった。

 もう胸がドキドキ。うっわわああああ、どうしよう、どうしよう。

 とにかく、商品に触ってみよう。頭に血が上って行くのが解る。こ
れだ、これだとずっと思い続けてきたんだよなあ。パソコン雑誌を色
々調べてさあ、光学ズームの倍率の大きい奴が欲しくて、値段もそ
こそこの商品で、「型番落ちの商品だから今が買いかも」って書い
てあったんだよなあ。

 そう、これなんだよ。


続きを読む "続、買っちゃった、買っちゃった!" »

2005.06.04

買っちゃった、買っちゃった!

■デジカメ、とうとう買っちゃいました■

 コニカミノルタのデジタル・カメラ、DiMAGE Z3を買っちゃいました。

_002


続きを読む "買っちゃった、買っちゃった!" »

2005.06.01

氷川参道

■氷川参道■

 ここは今はさいたま市ですが、以前は、大宮市と呼ばれていまし
た。「大きなお宮があるところ」との語源からくるものらしいです。

 実際、氷川神社は由緒ある天皇の参拝する神社としては格式の
高い神社で、しかも敷地が大変に広大です。

 大宮駅から氷川神社までの参道が、これまた長い。実に長い。

20050500_02

続きを読む "氷川参道" »

久し振りの洗車

■ごめん、ごめんと謝りながら、久し振りに洗車した■

030825_17


 朝、6時半起床。
 台所の食器を洗う。
 スパゲティーを茹で、インスタントのペペロン
チーノを作って食す。

 よし、腹ごしらえは出来たので、やろう、やろうとしてなかなかやら
ないままできた愛車の洗車に取り掛かる。

続きを読む "久し振りの洗車" »

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »