最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 桜見 | トップページ | アラスカ風のような物語 »

2005.04.08

野田知佑の本

■ 野田知佑の本 ■

 仕事帰りに本屋に寄ってパソコン雑誌を買うつもりだった。目的の
本が見つからなくてぶらぶらと他に面白い本でもないかと、見て歩いた。
 文庫本のコーナーで「野田知佑」の新刊本を見つけた。
 文春文庫の「カヌー犬・ガクの生涯」。
 確か文庫ではなく、ハードカバーで以前に買った気がしたが、まあいいか
と言う気分で買ってしまった。
 更に、まあいいかああという気分で、「さらば、ガク」も購入した。
 本ってさ、時々同じものを買ってダブってしまうことがあるよね。


■ 野田知佑の本を初めて買ったのは? ■

 いつ頃からかは思い出せない。
 野田さんの本を知ったのは何が最初だろうか。
 「日本の川を旅する」かな。
 とても感動して、その後文庫本を主体に買い漁ったような気がす
る。
 キャンプを始めてから読んだのか、読んでからキャンプに目覚めた
のか、定かではないけれど、とにかく大いなる影響を受けたのは確
かだ。
 BE−PAL、本の雑誌など、野田さんの連載物を読んだ。
 ビデオも買った。カヌー教室のようなNHKのテレビ番組を収録した
ビデオも何度も観た。
 
 いつか、アラスカのユーコン川にも行きたい。
 
 妻と行けるだろうか。

 一度でいいから、アラスカの大自然の中に身を置いてみたい。

« 桜見 | トップページ | アラスカ風のような物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/3620446

この記事へのトラックバック一覧です: 野田知佑の本:

« 桜見 | トップページ | アラスカ風のような物語 »