最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 狐狸庵閑話 | トップページ | 桜見 »

2005.04.06

悲しい...!

■悔しい....なあ■


 先日、脳内出血の後遺症がまだ左半身に残る妻に頼まれて、彼
女を助手席に乗せて買い物に出かけたときのことです。

 小さなスーパーの駐車場で、事は起きたのでした。

 とても悔しい思いをして帰ってきて、なんだか悔しさだけが残って
しまいました。


 小さなスーパーで買い物をしたいというので、駐車場に車を入れ
ようとしたところ、夕方のちょうど買い物時間にかち合ってしまった
所為か、駐車スペースは車でいっぱい。

 一般道路からすぐに入ったところに、駐車スペースが空くのを待
っている車が何台か並んでいました。こりゃあああ、参ったなああ
と思いながら、一般道路にいつまでも車を停めるわけにもいかず、
仕方なく並んでいる車の列を横目に見ながら、自分の車をどこか
に退避させなければならず、ずっと奥のほうに一旦車を移動させ
ました。

 妻を先に降ろしてスーパーに行かせ、僕は駐車スペースが空く
のを待つことにしたのです。

 何台かの車が駐車スペースから出ようとするのですが、狭い駐
車場なので空きを待っている車とすれ違う余裕がない。僕の前に
も駐車スペースから一般道に出ようとする車が真正面にやってき
た。

 こりゃああ、参ったなあと思っていると、僕のすぐ後方の駐車ス
ペースが空いた。

 前の車を一般道に出さねばならず、他の僕より先に待っていた車
が順番としてはその空きスペースに入るべきなのですが、自分の
車が塞いでいることもあって、空いた後方のスペースに車を入れた
のです。

 そこで正面の車をやり過ごしてから、順番待ちの車に駐車スペー
スを明け渡せば良かったのですが、面倒くさいと思ってしまいその
ままそのスペースに居座ったのが拙かった。


■悲しい気持ちに...■

 妻を車の中で待とうと思っていると、僕好みの若くて綺麗な女性
がつかつかと近づいて来るではないですか。

 うわああああ、綺麗な女性が僕の車に近づいてくるとドキドキして
しまいました。でも、何事だろう。

 車のドアの窓をコツコツと叩いたので、窓を降ろしたのです。ドキ
ドキしてましたね。いったい何事なんだろうという思いで、窓を開け
ると彼女は僕をじっと見つめて言いました。

 「あちらのご婦人が、貴方よりも先に駐車スペースが空くのを待っ
ていらっしゃいましたので、譲って差し上げてくださいませんか」

 きっぱりとした口調で、でも威圧的ではなく、はっきりと嫌味のな
い言い方でした。

 その一瞬に、言い訳しようかどうしようかと迷いましたが、それは
ほんの一瞬のこと。

 「ああ、御免なさい。解りました。今退けます」

 「お願いします」と言って、彼女は順番待ちしていた高齢の女性
運転手さんに、退けてもらうようにお願いしましたからねとでも説
明をしているようでした。彼女は、スーパーにその後入っていきまし
た。

 僕は自分が情けなくて仕方がないと言う後悔の気持ちと、せっか
く自分好みの女性と会話が出来たのに、それがこんな形の会話と
は情けないと言うごちゃ混ぜの感情でうろたえながら、駐車スペー
スから出ようとしたのですが、一般道から車が順番待ちで並んで出
口を塞がれ、出るに出れないのです。 

 順番待ちの女性運転手はこっちを見ているし、でも車を出すに出
せない状況だし、自分好みの勇気ある素敵な女性にきっぱりと言
われてしまった悔しさで、悲しくなってきました。

 結局は、他の駐車スペースが空いてその高齢の女性運転手は
そこに車を入れることが出来ました。僕はもう必要のなくなった彼
女との約束でしたが、僕好みの彼女がスーパーから買い物を終え
て出てきたときを考えると、形だけでも彼女との約束を守ろうと考え
てその駐車スペースから車を出し、一般道を一回りしてスーパーの
駐車場に入りなおして、他の駐車スペースに入れたのです。

 順番待ちの順番を守らなかった自分が悪いのですから、仕方がな
いのですが、なんだか割り切れない切なさが心に残りました。

 あんな素敵な女性との会話が、こんな形だなんてあんまりだああ。

 神様。

 自分には出来すぎた素敵な妻が居ながら、とても悔しくてならない
自分でありました。

 ああ、悔しい!

 ああ、悲しい!

« 狐狸庵閑話 | トップページ | 桜見 »

コメント

ELVISさん、こばわ~。(^^)
ん~、切ないですね~…。
シチュエーションは違うけど、σ(^^)にも
そんな気持ちに陥ってしまった出来事はあります。
後から 後悔の念に縛られてしまうの。(^^;
でも こう言う事って、時間が経つと
わりとすぐに忘れてしまったりしませんか?
あまり気にしないで下さい。次回の状況で同じ事を
繰り返さないようにすれば良いのだし。(^o^)

君は若いなぁ。
妻の話題ならいいが、他所の女性を話題にしてなんになる。
後の無いように奥方を大切にしろ!

文字が違っていtので再送する

君は若いなぁ。
妻の話題ならいいが、他所の女性を話題にしてなんになる。
後悔の無いように奥方を大切にしろ!

ELVISさん、こんにちは(^^)/

 相手が若くてきれいで好みの素敵な女性
だったから悲しくて悔しいってことは、相手
が年寄りでブスで、ちっとも素敵じゃない嫌
いなタイプの女性だったら、何とも思わな
いってことなんでしょうか(笑)

 まぁ、気持ちは分からなくは無いですが、
駐車場の作りや状況によっては、順番通り
に入れる事が難しい場合もありますよ。

 そんな事でいちいち、気難しく言ってくる女
性は「好み」からはずしましょう(^^;

 ……そういう問題じゃないって?(笑)
 いやいや、好みじゃなくなれば、何も感じ
ないかもしれないじゃない(^o^)ハハハ


 

のりのりさん、こんにちは。

1.一つには普段なら順番を守って空
きスペースを待つ自分がいるのに、こ
のときは状況に流されて順番待ちを
守れなかったことに対する後悔。

2.自分でいけないなあと思いながら
してしまった行為に対して、それを指
摘されてしまったことへの悔しさ。

3.指摘された相手が自分の好きな
タイプの女性で、そのことに対する悔
しさ。

などがいっぺんに押し寄せておどお
どしてしまった自分を笑いたかったの
で、お笑いください。

とおりすがりさん、初めまして。
ですよね?

||君は若いなぁ。
 どうもすいません。
 まだ若くて綺麗な自分の好みのタ
イプの女性に出会ってワクワク、ドキ
ドキ、うろたえました。

 まだ男としての本能が残っているこ
とに対する嬉しさはありましたね。
「君は若いなあ」と言われて、嬉しい
です。d(^_^o)

||妻の話題ならいいが、他所の女性
||を話題にしてなんになる。
 僕の出会った女性のことを話題にし
ちゃあいけませんかね。僕がドキマ
ギした女性です。なんら書くことに躊
躇など必要ないでしょう。
 この女性の勇敢な行為に僕は正直
に頭が下がりました。そのこともここ
に書いておきたかったので。

||後悔の無いように奥方を大切にしろ!
 はい、ありがとう御座います。
左半身に痺れがあってとかく暗くなり
がちな妻を花見に連れて行き、気分
転換をしてもらいました。
 喜んでもらえたと思います。(^_^)

 
 

トリトンさん、こんにちは。

|| 相手が若くてきれいで好みの素敵な女性
||..................
||いってことなんでしょうか(笑)
 そうじゃなくて、のりのりさんに書き込んだこ
となんですよ。

1.一つには普段なら順番を守って空
きスペースを待つ自分がいるのに、こ
のときは状況に流されて順番待ちを
守れなかったことに対する後悔。

2.自分でいけないなあと思いながら
してしまった行為に対して、それを指
摘されてしまったことへの悔しさ。

3.指摘された相手が自分の好きな
タイプの女性で、そのことに対する悔
しさ。
 などの入り混じった気持ちなのです。(^^;;;

|| そんな事でいちいち、気難しく言ってくる女
||性は「好み」からはずしましょう(^^;
 いやあ、男の僕のところにつかつかと寄って
来て、正論を吐いた彼女の勇気には感心しま
した。きっと素敵な奥さんなのでしょうね。
旦那さんがうらやましいです。

 


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/3588512

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい...!:

« 狐狸庵閑話 | トップページ | 桜見 »