最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.25

星野道夫の本

■星野道夫の本 3冊■

 新潮文庫 ノーザンライツ
        イヌュニック〔生命〕

 小学館文庫 アラスカ 永遠なる生命

 本日まとめて三冊購入。

 「アラスカ 風のような物語」を読んで感動。帰宅途中、本屋でま
とめ買いしてしまった。

続きを読む "星野道夫の本" »

巨大な昆虫!?

■巨大トンボ  巨大カブトムシの襲撃???■

 埼玉県の某所に、地球外生物らしき巨大なトンボと、巨大なカブト
ムシが出現。

20050401_02

20050401_04

続きを読む "巨大な昆虫!?" »

2005.04.23

岸恵子の話

■岸恵子のいい話■

 最近、ラジオ番組でとても感動した話を聞きました。

 正確には思い出せないのですが、大筋では間違えていないと思
いますので書いておきます。

 何処のラジオ放送局だったか、覚えていませんが、岸恵子さんが
ゲスト出演されて話しをしたことが耳に残ったのです。

続きを読む "岸恵子の話" »

2005.04.20

妻の恋人

■野良猫のチビ■

20050408_01

 妻の恋人の野良猫「チビ」です。

 オスのデブ野良猫ですが、赤ちゃんの
ときに付けた名前で妻は呼んでいます。

 可愛そうに縄張り争いに敗れ、右目を失明しました。

 妻は恋人のように溺愛します。

 僕は少し焼きもちを焼きます。

 馬鹿猫め。

 オスのくせして闘争心に乏しく、野生の小鳥とかを
捕獲することがまったく出来ません。

アラスカ風のような物語

■星野道夫の文庫 購入■

 眞田祥一氏の『「隠れ脳梗塞」の見つけ方・直し方』と、星野道夫
の「アラスカ風のような物語」購入。

 本屋でパラパラと文庫を捲っていると、見覚えのある光景がたくさ
ん出てきた。野田知佑の「ユーコン漂流」などで見かける光景によく
似ていた。

 思わず、誰の本だ?

 ああ、ああ、星野道夫のか。
 
 妻の病気を理解しておきたいと思い買った本と一緒に買ってしま
った。

続きを読む "アラスカ風のような物語" »

2005.04.08

野田知佑の本

■ 野田知佑の本 ■

 仕事帰りに本屋に寄ってパソコン雑誌を買うつもりだった。目的の
本が見つからなくてぶらぶらと他に面白い本でもないかと、見て歩いた。
 文庫本のコーナーで「野田知佑」の新刊本を見つけた。
 文春文庫の「カヌー犬・ガクの生涯」。
 確か文庫ではなく、ハードカバーで以前に買った気がしたが、まあいいか
と言う気分で買ってしまった。
 更に、まあいいかああという気分で、「さらば、ガク」も購入した。
 本ってさ、時々同じものを買ってダブってしまうことがあるよね。


続きを読む "野田知佑の本" »

桜見

■桜を見てきました■


20050408_08

 左半身の麻痺の所為で、夜眠れないとか、
酷く疲れやすいとか、とかく気持ちが沈みが
ちな妻をドライブに誘う。

 もうお花見のシーズン、真っ最中だもんねえ。

 長い時間歩くのはしんどいらしいので、公園の桜を車の中から見
る程度のつもりで荒川沿いの大きな公園に行く。

 秋ヶ瀬公園に隣接したさくら草公園には、桜が咲き誇っていた。

続きを読む "桜見" »

2005.04.06

悲しい...!

■悔しい....なあ■


 先日、脳内出血の後遺症がまだ左半身に残る妻に頼まれて、彼
女を助手席に乗せて買い物に出かけたときのことです。

 小さなスーパーの駐車場で、事は起きたのでした。

 とても悔しい思いをして帰ってきて、なんだか悔しさだけが残って
しまいました。

続きを読む "悲しい...!" »

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »