最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.23

主夫の日々

■ 主夫の日々 ■
さあ大変。妻の緊急入院から、家事を僕がやらなくてはならないことにな
りました。子どもが二人いて、長男は社会人、次男は専門学校生。
もちろんのこと、普段は妻が食事を作っている。
それを僕がやらなくちゃならなくなって、さて一番最初に困るのは、食材
の在りか、食器の在りか、お米は何処だ?
まあ、幸いと言うか、なんというか、冷蔵庫やその周辺にレトルト食品、
インスタント食品、冷凍食品、缶詰などたくさん買い溜めがありました。
ここしばらく食事は作っていなかったからなあ。

続きを読む "主夫の日々" »

2005.02.21

妻の緊急入院 2月16日

■ 妻の緊急入院 2月16日■
 去る2月9日にわたくしの妻は、風呂場で具合が悪くなって息子の車で
病院に運ばれました。そのとき、頭から下のCTスキャンを撮り、異常が
認められず、「ひょっとしたら頭の血管が詰まっているかもしれないね」
と言われて一週間分の薬を貰ってきたのです。

 しかし、一週間の経過は良くなく、16日の再検査に妻は病院に行きま
した。

 頭のCTスキャンを撮ってみた先生は、その場ですぐに「今すぐに入院
して、2週間絶対安静にしてもらいます」と妻に言ったのです。

続きを読む "妻の緊急入院 2月16日" »

2005.02.19

RAY

■レイ・チャールズ■
レイ・チャールズの生涯を描いた映画「レイ」を見てきました。
銀座の帝国ホテルの道路向かいにある「みゆき座」で友達と待ち合わせ
て、久しぶりの映画鑑賞。
「エルヴィス・オン・ステージ・スペシャル・エディション」以来かな、
映画館は。

レイ・チャールズのヒット曲が生まれていく過程がわかって、今まで以上
に曲の中にのめりこんで聞けました。

それに彼の生涯も結構生々しく描かれていて、女、浮気、ドラッグ、少年
期の大きな衝撃的出来事、などなど目の前にどっひゃーーと突きつけら
れました。

涙が流れることもしばし。

重たい2時間半の上映でした。

エルヴィスもレコーディングしている曲が多いので、口ずさみたくて、口
ずさみたくて、衝動を抑えるのが大変。

2005.02.16

宝くじの確率

■ 宝くじの当選確率 ■
職場の社員教育で川柳か、俳句を書けという時間があるのですが、
これがなかなか書けません。五・七・五の川柳の方が、季語の制約を
受ける俳句よりもまだ簡単そうだと「川柳」で検索してみました。
川柳とは何ぞやは、理解できましたが、
いざ自分の作品を作るとなるとなかなか思い浮かばない。
ううむ、己の頭の固さよ。

続きを読む "宝くじの確率" »

2005.02.11

花粉症の季節ですね

■花粉症■
嫌な季節がやってきました。
テレビでバンバン報道していますが、「昨年よりも何倍もの量の花粉が飛び散るのだ」そうです。
去年は、花粉の量が少なかったからね。
花粉症から開放されるのも近いかなあああ...なんて、勘違いしかけたら......

続きを読む "花粉症の季節ですね" »

2005.02.01

職場で感冒が大流行!

■風邪が大流行■

職場で風邪が大流行です。

猛威を振るう感冒の前に抵抗空しくバッタ、バッタとなぎ倒されていく職場の仲間達。

早朝、机の上の電話が鳴るとドキリとします。

「はい、こちら○○○○です」

いつもと違うしわがれた声。鼻水をすすりながら

「あのううう、コホン、コホン、○○ですけど、今朝ですねええ、体温計で計ったら熱が39度2分ありまして、関節も痛くてとても起き上がれないんです。すみませんが今日は仕事、休ませてください。お願いします」

て、言うじゃなーイーーー。

「なににぃぃぃぃぃぃ、休むだとおおううぅぅぅぅぅ。職場じゃ、咳をコホンコホン、鼻水ジュルジュル、お顔を真っ赤っかにした仲間達がうじゃうじゃいてみんな一生懸命仕事しているというのに........................あなた、切腹ですからーーーーーー」

という気持ちを、ぐっと腹に仕舞い込み、

「そうですか。わかりました。十分養生して一刻も早く直して職場復帰してくださいね」

と言うのであった。

そして同じ内容の電話がもう一人からも.....................。(;_;)

元気な人間の方が少ない。

代わりに勤務してもらう人は、限られている。

ああ、自分が連続して勤務に入るしかないのか。

そしてとうとう5日間連続の勤務。

6日目にしてようやく我家の布団で寝ることが出来たのであった。

ああ、やっぱり我家の布団が最高ですから。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »