最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

ELVISのキャンプ三昧

ELVISの醒めたELVIS論

近隣の野鳥

  • 20100305 カワラヒワ
    近所の農業用水路や公園、並木道、参道などを 散策したときに見かけた野鳥を撮影してみました。

我家の野良猫ども

  • 20040524_14
    いつの頃からでしょうか。もう忘れてしまいました。 我家に野良猫が集まるようになりました。 それ以来、メス猫が子供を産み、その子供がまた子猫を生み、更 にまたその子供が子供を生みして4代に亘る野良猫の親子どもが、時折餌を求めて我家に遊びに来ます。 その一風景を撮ってみました。 2004年5月の撮影です。

畑 正憲の本

  • 005
    畑 正憲の本が結構手元に残っていました。かび臭く、ページは日焼けしており、ページによってはぴったりと引っ付いてしまっている部分があったりと保存状態はあまり良いとはいえませが、とても捨てられなくてゴミを落として空気に晒してかび臭さを払い除けてみました。

« 僕の父 | トップページ | 父の再入院 »

2004.11.19

ゴイサギとの出会い

■ゴイサギとの出会い 2000年3月11日 ■

当時は、休みの日に妻と二人でよく散歩していました。
見沼用水に沿って大宮第二公園の方まで歩き、公園のプールのある処で
一休みして帰ってくるという、ゆっくり歩くと2時間近くのコースです。

休みの日にはほとんど二人で散歩していましたね。
おかげで気が付いたら、体重がいつの間にか減っていたということがあり
ました。

夏になると盛況になる大宮市民プールがあります。その傍を流れる汚い
芝川の土手を歩いていると、写真のゴイサギがじっと立っていました。

大慌てで背中に背負っていたリュックサックからカメラを取り出し、
静かにゆっくりと時間をかけて接近して撮ったものです。

野鳥観察も兼ねた散歩でしたから、嬉しかったですね。

20000311_02.JPG

20000311_06.JPG

« 僕の父 | トップページ | 父の再入院 »

コメント

歩くって とっても大事だと思いますね~。
もちろん 身体にだって良いとも思うのだけど
歩いてる時の 目で見る景色の移り変わりや
街の音、空気や風が耳をかすめていく音、
お日様や、時には冷たい雨を感じる頬。
車や電車では、なかなか体感する暇がないですもん。

今は まだまだ車での生活が主だけど、もしも
この先々で人生の同じ道を歩む人が居たならば
歳をとっても手を繋いで一緒に歩きたいなって思います。

そんな時は 片手にやっぱりデジカメ持ってるのかな。(笑)

のりのりさん、今晩は。

>>今は まだまだ車での生活が主だけど、もしも
>>この先々で人生の同じ道を歩む人が居たならば
>>歳をとっても手を繋いで一緒に歩きたいなって思いま>>す。

あの頃は、女房と歩く習慣があったのです。二人で歩く
習慣は楽しいものでした。それがいつの時からか、友達
とエアロビクスに行くからと言われ、一人寂しい思いを
したときの僕の悲しみは、いくばくの物であったでしょ
うか。

ああ、悲しい。
女なんて、そんなものさ。

でもね、二人で歩くことって楽しいよね。何処を歩いて
も言い訳で、歩くことが重要なのよね。

まだ、二人には一緒にキャンプするという共通点がある
から二人は繋がっていられると言う気がするなあ。

ELVISさん こばわ~。(^o^)

よくTVとかでの 街頭インタビューを見てても
考えや答えがさっぱりしてるのって女性(奥様)の方が
圧倒的に多かったりするんですよね~。(^^;
良く言えば前向きと言うかなんと言うか。。。(笑)

>でもね、二人で歩くことって楽しいよね。何処を歩いて

歩く時って、いつもの生活のリズムとは違って
唯一同じ速度で一緒に居られるって気がしますね~。
男の人の方が 足は速いだろうから、そんな時は
手とか繋げちゃうしっ。(o^^o)
それに このゴイサギみたいに、野鳥や小動物(大動物も可)と
出会うってのも、ちょっと嬉しい発見だったりして、それが
また新鮮な気持ちにもなるんですよね。(^_^)b
二人の共通な思いや感情を見つけられると言うか・・・。

それは キャンプを通してでも同じ事だと思います。
今は歩く事の機会が少なくなっても、ちゃんと別の事で
共通な楽しみを見つけ 一緒に行動したり、楽しかったり
喧嘩もしたり・・・。でも それって 相手が居なくちゃ
できない事だから、とても幸せな事なんですよね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43132/2003135

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギとの出会い:

« 僕の父 | トップページ | 父の再入院 »